最近観た映画

先週、日本アカデミー賞の発表があった
観ていない作品もあるけど、俳優やスタッフがひとつの作品を作り上げて
誇らしく賞を受け止める姿を見ると、今後の活躍も楽しみになる

150302eiga
紙の月、インターステラー、ゴーンガール、ジョーカーゲーム、ベイマックス、
いつも一人で外食やショッピング無しで映画観るだけだから
ブログ記事にしていない昨年暮れ頃のも含めると
結構観てるかな

今お勧めするのは
原作を読んでいるからなおのこと、配役も楽しみだった「悼む人」
堤監督作品としては珍しく笑いネタなし、それはまぁそうなるよね
映画という限られた時間で、あの作品を表現するのだから

批評と言えるのか?記事を見かけたけど
石田ゆり子の肌の露出の多さがどうのこおの・・・
あのシーンをそういう尺度で見ることがそもそも違う

作品中いくつも心に響く台詞があるけれど
絶賛上映中なのでネタバレしたくない・・・
蒔野抗太郎(椎名桔平)のあるセリフが
すべてのキャストの愛する人に向けた、そして
静人(高良健吾)が「悼む」時の言葉につながる
・・・なんてことを思った



映画「悼む人」公式サイト



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
抱っこしてナデナデするとマアムは
グリグリと頭を押しつけてくるので
写真がぶれる
150302marm
かわいいでしょう?


150225cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
マアムも里親募集中!
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください



スポンサーサイト
Category: 観・聴

【映画】ぶどうのなみだ、不思議な岬の物語、小野寺の弟・小野寺の姉

最近映画館で観た作品の感想をつらつらと
141112budononamida
・ぶどうのなみだ
安藤裕子が女優として出演ということで楽しみにしていた作品なのだけど
・・・途中で寝ちゃいました
言い訳としては風邪薬の副作用で眠気もあったかと
(ふだんもクスリ服用しており日々眠気と戦っていてその倍増しということで)
だとしても
ちょっと作品世界に入り込めなかったのは否めない
役の衣装もすごく凝っていて独特の世界観があり
それは事前の公式ツイッター等でビジュアルは覗き見て認識はあったものの
いつの時代のどこの国のお話?的違和感があったせいだろう
それはそれとして
ねえやんがそこにいることは実によく似合っていて(これは褒め言葉)
そして
もし、ねえやんの演技にぎこちなさがあったとしたら
ライブで緊張するねえやんを見守るファンのごとく
ドキドキして眠気もふっとび目を離せなかっただろうけど
素敵な女優さんだったのでなんだか安心しちゃったのかもね


・ふしぎな岬の物語
吉永小百合さんはやはりスクリーンで観たいな、と思い
会場に入るとやはり
小百合ファン世代というのかな、ご年配の方が多かったな
(わたしもオバサンだけどね)
内容としては見応えあったしウルウル泣いちゃったりして
阿部寛と竹内結子も出ているし
若い人にもお薦めしていい作品じゃないかな


・小野寺の弟・小野寺の姉
舞台が先だったのだよね、きっと面白かっただろうなー
ということで映画は是非スクリーンで観たいなと思ってた
クスクスじわじわ面白いし
声だしてゲラゲラ笑ったし
じーんと泣けちゃうしね
お薦め作品よ




〜〜〜〜〜〜〜〜
三匹いる猫たちのうち
滞在期間が一番短い預かり猫のコスモが
わが家でいちばん人なつこいという・・・
141112cosmo
かわいいコスモ
里親募集中〜!



11/15(土)Smile Catさん主催 ねこの譲渡会が開かれます
譲渡会は事前に申込等は不要です
コスモも参加します!
ぜひぜひ会いに行ってあげてくださいね

141112cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

Theme: 映画感想 | Genre: 映画
Category: 観・聴

映画館で観た映画

最近映画館で観た作品を並べてみる
141014cinema
・るろうに剣心〜京都大火編〜
2012年に公開された「るろうに剣心」は残念ながらテレビ放映で観たのだけど、こりゃ映画館で観ればよかったと思ったので今年の二部作は劇場で観賞。京都大火編を見終わった時は、続編があるからこんなものかなと思ったけど・・・
・るろうに剣心〜伝説の最後編〜
そしてこの後編で、やはり劇場で観てよかったわあと思った。主要キャストたちのどんだけ不死身なの?な戦いっぷりは迫力もあり美しくもあり、見応えがあった。主役をはじめ戦う男性俳優たちが皆、期待を超えてかっこよかったし、若手女優の土屋太鳳(つちやたお)が前編に続いてキラキラした瞳と存在感で印象深かった。
・ルパン三世
アニメの実写版というのは、原作を超える超えないではなく、実写化にあたってスタッフとキャストの皆さんがどれだけこの作品に賭けているかを見たい気持ちもあり、そういう意味では熱いものを感じた作品。わたしの知る範囲のルパン三世の世界はそのままそこにあったし、綾野剛さんの五右衛門が笑いをとるとは思いがけずふいをつかれて楽しかった。ただ「なぜこのシーンでこんなに尺とるの?」という箇所があり、スローでこんなに見せたいのね、監督の癖なのかなぁ、、、こんなこと思うわたしが何様だよ?だわねw
・イン・ザ・ヒーロー
観る前の勝手な憶測だったのだけど、もう少し笑える要素も期待していたら、いたって真面目に映画とアクションとスタントマンへの愛がこもった作品だった。それはそれでグッとくるものがあり、主役の妻を演じた和久井映見が見せたあのシーンが、その愛を見事にさらに深く伝えてくれた気がした。それにしても唐沢寿明さんしゅごい!
・ジャージー・ボーイズ
クリント・イーストウッド監督作品ということで観賞。「ザ・フォー・シーズンズ」についてはよく知らないのだけど聴いたことある曲が次々と流れてきて、名曲が生まれて世間に知られた背景にはこんな人間模様があったのねー、これ、男性グループだから成り立つんじゃ?女性グループだとこんな人間愛成り立たないかも、、、とまたもや、わたし何様だよ?的なことを思いつつ。それにしても、キャストの皆さんオーディションで選ばれたのかな?歌うシーンも聴きごたえあり、エンドロールシーンも含め見応えあり。

「ぶどうのなみだ」はまだ未見。早く観たいな。




〜〜〜〜〜〜〜
本日のオマケ画像

映画の脇役になれそうな
いや、主役を食ってしまいそうな程
表情豊かなコスモくん
141014cosmo
里親募集中!


141006cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
コスモも載っています!
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

10/18(土)Smile Catさん主催 ねこの譲渡会 目黒区後援が開かれます
譲渡会は事前に申込等は不要です
ぜひぜひ会いに行ってあげてくださいね

Theme: 映画レビュー | Genre: 映画
Category: 観・聴

キバコの会 KAKOCHI-YA

140927kibakonokai1
堤幸彦監督と俳優の半壊一晃さん野添義弘さん多田木亮佑さんによる演劇ユニット
キバコの会 第5回公演
9/23の14時の回観劇

毎度のことながら
コンサートでも演劇でも映画(は最近は当日券だけど)でも
数ヶ月前からチケットを手に入れると
「わたし当日行けるのかな?」という不安がいつもつきまとう
天変地異が起こって死ぬかも?とか大げさなものではなく
単に「行く元気を保てるのかしら?」という程度のもの

今回の劇場は
前もって地図で確認したのに
まさかここに小劇場ができていたなんて?!
だってかつて通勤に使っていた通り沿いだったから笑

会場に着くとホッとして
何かに勝った気分で達成感がある笑
あとは開演をワクワクしながら待つのみ

140927kibakonokai2

テーマはホラーだと
なんとなく情報を得ていたけれど
怖がらせるだけで終わるまい・・・と思っていたら
マジで「ヒィ〜!」と悲鳴あげつつのけぞった拍子に
隣席の男性に体がぶつかったりして
オバチャンちょっと恥ずかしかった笑

でもそんな恥ずかしさを上回る程の
爆笑につぐ爆笑で
あんまり笑い過ぎると頬の筋肉が痛くなるのね
こんな感触何年ぶりだろう?

堤幸彦が舞台で描く、憎めない中年男とたち(チケットぴあ)-Yahoo!ニュース

このニュースには画像が数枚付いているよ

ラストで歌って踊るシーンがあるんだけど
あんなにホラーとかエロとかダジャレとか小ネタ満載で笑わせてくれて
こういう正当な締め方しても
すごくしっくりと感動させてくれると
たまんない

楽しいひとときであった

ありがとう!


公式サイト:青山メインランドpresents キバコの会 第五回公演『KAKOCHI-YA』






〜〜〜〜〜〜〜

爆笑につぐ爆笑なんて日常にいつもあるわけじゃないけど
猫と暮らすと
クスッって笑わせてくれるよね
140927cosmo
コスモくん
里親募集中!


140925cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

Category: 観・聴