FC2ブログ

映画「旅猫リポート」を観て

ご訪問いただきありがとうございます
内容がなんとかまとまったので
今日は映画「旅猫リポート」の感想です

久しぶりに長めの記事です
どうか最後までおつきあいくださいませ

fc2-satooyabosyu

映画「旅猫リポート」を観ました
原作小説を読んだのは昨年で

本の感想はインスタグラムに載せていて
181111tabineko


珍しくココにも載せました
隠れ上手と読了本

迷ったけど、公開されてすぐ劇場観賞しました
迷ったというのは
動物が登場する実写映像作品は制作されない方がいい
と個人的に思っているからです

「旅猫リポート」は実写化にあたり
宣伝段階から制作側が謳っていたのが
「参加する動物に負担なきよう配慮することが原作者が出した絶対条件」
でしたけど・・・

映画公開日前後は全国の各会場で舞台挨拶付き観賞回に
主役の猫を連れて回っていたようです
素敵な俳優さんたちの登壇だけにしてほしかったです

原作:「旅猫リポート」有川浩
小説連載開始は2011年10月からで
2012年11月に単行本が発行され、その後文庫化されました
主人公サトル(ヒト)と登場人物たちの過去や現在の葛藤を織り込みながら物語が進み
それぞれの運命や人間模様にじんとくるものがあり
泣ける作品です
で、そこにナナ(猫)が重要な位置で絡んでくるように作られています
猫の描写が繊細で的を得ていて、猫好きの人が読むとさらに楽しめる内容です



だけど、小説の段階ですでに
動物福祉の視点では「うわぁ、それダメ!」なことが
たくさんあります

執筆されたのが7年前・・・
もし、単行本発行直後に読んでいたら
今ほどの違和感はなかったと思います
その頃、わたしはTNRや保護をはじめていたけど
野良猫や動物福祉について知らないことが多かったからです

猫を巡る様々な問題の解決方法は
年々少しずつ、一般に浸透してきている手応えはありますが
今もまだ〝野良猫〟が生まれ続けていることは由々しき問題であり
「猫は不妊手術をして終生完全室内飼い」の定着までは時間がかかりそうです

で、映画「旅猫リポート」では
ナナ(猫)や他の犬猫たちにセリフがあてられて
(要するに擬人化ね)
実写なだけに現実感を伴うし
とても身近に感じるわけです

ヒトの都合の良いようにセリフが作られているので
違和感どころか、共感してしまう(←さらに涙を誘う仕掛けでもある)ので
猫が被る命の危険性がとても見えにくくなっています

もし、この映画の観賞後
「泣けた~」「ナナかわいかった~」の感想しか浮かばず
違和感(問題点)を感じない観客の割合が多いとしたら・・・

野良猫は生まれ続けるだろうし
無責任な飼い主が無責任であることの自覚を持てないまま
遺棄や飼育放棄される猫はあとを絶たず
少子高齢化で適正飼養を約束できる里親宅の数は減っていくので
たとえ保護しても保護猫の行く先は決まらない

・・・という厳しい現実がまだまだ続くということです

この映画でわたしは「これダメ!」な点を
ざっくりと10個見つけました
すでに観た方は何個見つけることができたでしょうか?

この物語には素晴らしいところも、もちろんあるのです
「続きを読む」に載せましたので
ぜひ目を通していただきたいです


おすすめキャリー









ネタバレあり→



続きを読む »
スポンサーサイト



何の数字?

この数字、何を表していると思いますか?

180131poster
昨年度にわたしの住む市内で
交通事故が原因で回収された所有者不明の猫の死体数です
(前年度も2000頭越えです)

365で割ると
1日に6匹が轢かれていることになります


この数字は、行政が死体を回収して把握できている頭数なので
轢かれた後にカラスなどに食べられたり
気づいた人が自宅の敷地内に埋葬することもあるので
実際はこれよりも多い頭数が交通事故で死んでいるでしょう


前記事で信号機の話をしましたが、動物には関係ないことですね
猫はクルマの交通量が多い広い道路も渡るし
狭い道でも裏道として知られているとビックリするくらい交通量が多かったりします
停車中のクルマのそばにいて轢かれてしまうこともあります



180131-1saya-taiga
サヤ(写真左)が左足で耳元をカキカキしています

保護された当時、生後半年くらいでしたが、すでに左後ろ足先端がなく
幸い傷口は乾いて走り回っている状態でした
兄弟猫も同じでしたので、人為的に切られたのでしょう

生きていたのは運がよかったとしか言いようがないし
わたしの猫になってくれたことは
生きていたことも含めてサヤに感謝しかありません



屋外にいる猫は
いわゆる野良猫と呼ばれる外猫と
飼い猫なのに家と外を行き来している猫もいますが
交通事故だけでなく
虐待の標的にされない為にも
完全室内飼いでしか猫を守る方法はありません

脱走防止対策を施して完全室内飼いをしましょう

そして、生ませない、頭数を増やさないようにしましょう

1月末には猫の発情期が始まります
猫は交尾をするとほぼ100パーセントに近い確率で妊娠し、仔猫を4〜5匹生みます
「生まれてしまった」にならないように
fc2-neuter2
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね


fc2-kubiwa3

マイクロチップも入れよう

fc2-dassou4
猫が脱走するのはどんな時?


猫の脱走した場合の捜索手順
 ↑初動はスピード勝負なので一度頭に入れておいてほしいです










Theme: 猫と暮らす | Genre: ペット

猫バンバン

猫好きの人たちは冬になると
目にしたことがあるであろう
「車に乗る前にバンバン」という注意喚起

車の中に入り込み寒さをしのぐ猫たちを
追い出してから発進させてねという意味

NISSANが
この冬にタグを作って動画配信している

#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN #KnockKnockCats

テレビでは流れないにしても
SNSで猫に関心がない人にも広まったのではないだろうか
運転する家族友人知人に教えてあげてね



さて
家猫修行中の黒猫豆たんは
160224-1mame-taiga
うちに慣れてきたようで
タイガとの距離が縮まってきた

わたしにもだいぶ心開いてくれて
ゴハン催促にキッチンまで来て鳴いたり
表情豊かになってきた

3段ケージは
豆たんがくつろぐスペースになっているけど
タイガが点検に入ったり
それを外から豆たんが観察したり
160224-3mame-taiga
遊び盛りの豆たんなので
タイガも気分によっては
追いかけっこの相手をしたりしているよ

豆たんが来てから
サヤはほとんど窓辺にいて
豆たんとの相性を心配したけど
悪くはないみたいで、ホッとした

160224-4saya-taiga
タイガがくっついてくれるのが
サヤにはいちばん安心だね



160120cats
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください







fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう


ニュースを覚えてる?

先日の記事
「頼みの綱は普通に忙しく生活を営む犬猫動物好きの人」
の修正をした

ペットショップで買わない
   ↓
生体販売をしているショップで動物を買わない

何故このように書くのかというと
生体販売をしているショップ(ペットショップやホームセンター)で売られている
子犬子猫の
生まれた環境や繁殖の仕方が虐待に等しい位劣悪だから

今年11月にニュース報道された遺棄事件
覚えていますか?
2013年3月~2014年4月 山梨県(犬72匹)
2013年10月~2014年7月 埼玉県(犬45匹)
2014年3月~ 長崎県(犬7匹)
2014年4~8月 群馬県(犬11匹)
2014年10月 佐賀県(犬19匹)
2014年10月~ 栃木県(犬77匹)

ペットショップや繁殖業者が不要と判断した(=売れない、産めない)犬を
劣悪環境で飼育したり(=虐待)
飼育放棄したり、殺して棄てたりした
これは犯罪だ
「愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。
   違反すると、懲役や罰金に処せられます」pdfポスター

何故今年は
ニュース報道されるような形で露呈したのか
これまでは犬猫を行政に持ち込み、(行政職員に)殺処分させていたけれど
動物愛護管理法の改正で終生飼育しましょうと指導することになり
行政は引き取り拒否が可能になった
つまりこれまでもペットショップや繁殖業者は
相当数の犬を毎年毎年殺し続けていたということ

糞尿まみれのままケージに閉じ込め
散歩もさせず
ヒートがくるたびに交配させ産ませ続け
病気になっても獣医に診せず
ボロボロになって産めなくなると
遺棄及び殺していた悪質繁殖業者

遺棄された犬猫は
生体販売の店で買った子犬(猫)の母犬(猫)なのだ

「終生飼育するのだからいいでしょう」
「ペットじゃない、私たちの家族よ」
そう言う人の家族(犬猫)が生まれてくる酷い歴史を作ってきたのは
消費者だ
ペットショップで売られる子犬子猫をガラス越しに見て
「かわいいー!」と声をもらす
消費者だ
わたしだってかつてはそうだった
子犬子猫しか目に入らず「かわいい」って言っていた

でも
殺処分数が年間16万頭(平成24年度。これでも近年減ってきている)って
その犬猫たちを終生飼育しようと思ったら
もう繁殖しなくていいんじゃない?

ここで
今年ニュース報道されていない
犬猫の多頭飼い崩壊した件の一部をあげてみる
2014年6月小田原(猫77匹)
2014年6月鎌倉(猫54匹)
2014年8月足立区(猫55頭)
2014年10月軽井沢(犬244匹、猫30匹)
2014年10月葛飾区(犬60匹)
2014年10月大阪(猫55匹)
2014年12月寒川(猫30匹)

繁殖業者の場合もあるし個人が集めてしまった件もある
猫の場合は10匹前後の多頭飼いしている人はわりといる(いてほしくないけど)

飼育者が飼育放棄したり、病気になり世話ができなくなったり
中には自殺という件もある
残された犬猫たちを救う為に動物愛護団体と行政が動けば良いほうだ
ある日突然
30〜50匹の猫たちを引き取ってくれと言われる
愛護団体の方達の気持ちを考えてほしい
どこにそんなスペースがあるのか?
すべての猫たちはまず獣医の診察を受けねばならない
駆虫、ワクチン接種、避妊去勢手術をしなければならない
病気を持っていたら入院が必要な猫もいるだろう
・・・膨大な医療費がかかる

保護されたからもう安心、ではないのだ
そこから世話をしながらの里親募集しながらの医療ケアしながらの・・・
長い月日が始まる

わたしがたった一匹の猫をお預かりして
毎日写真撮って動画撮って里親募集してます〜!里親会がありますー!と
募集サイトやSNSやブログに書き
幸い里親希望者さんが現れ
数ヶ月で正式譲渡になるのは
まだ良いほうだ


先日の記事
・動物愛護団体の支援(寄付・ボランティア)をする
と書いたのは
多数の犬猫を抱えて世話をし続けている動物愛護団体は
つぶれてしまうと
多頭飼い崩壊になるのだ

・・・悲惨でしょ

後方支援してくださいな

保護犬、保護猫、保護動物を
家族に迎えることを検討してみてくださいな

頼みの綱は
普通に忙しく生活を営む犬猫動物好きの人、なのです



141228saya-taiga
うちのこになるまではタイガだってずーっと里親募集サイトに載せてたよね・・・



141222cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください


Theme: 猫と暮らす | Genre: ペット