FC2ブログ

癒しと軽視(平成最後の長文)

ご訪問いただきありがとうございます
今日は全員登場します
内容は長めの文章です、平成最後の長文です 笑

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

外で生きる猫が増えないように
お住いの地域の猫に目を向けてみませんか?
里親探しのみでは解決しません
fc2-neuter5” border=
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-kubiwa5” border=

マイクロチップも入れよう

犬には鑑札と注射済札と名札とマイクロチップを!

fc2-satooya-b

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

平成が終わり令和という新しい年号が始まるまで
あと7日間

わたしなりに様々なことがあった平成だけど
ジロウ(犬)という家族が増えたことも大きな出来事です
「高齢者とペット」を巡る問題について
最近思うことを書き留めておくことにしました

じつは昨年末に
両親が再会を望んだので、ジロウを両親の家に連れていきました
その時の写真は一枚も撮っていません

手荷物切符を買う窓口で、すでに鳴き始めたキャリー内のジロウは
電車移動中も鳴きっぱなしでした(予想どおり)
そして両親宅では、わたしの後を追って行動し
両親に対してジロウが愛想を振りまくことはありませんでした

「テーブル上の食べ物をもらう」悪習慣を治したので
両親に対してどう甘えたらいいのか?
ジロウは混乱していました

そばに寄ってこないジロウを見て
「こんなに頭の悪い犬だとは思わなかった」と父は言い
気を引くために大声で怒鳴ったりしました
怒り口調で大声で名前を呼ぶのは、一番やってはいけないことで
ジロウをさらに混乱させるだけでした

母に至っては「猫が飼いたい」と言い出しました
(その後、癒しロボットを迎えました

ジロウに慕われていると信じてきた父は自尊心が傷ついたでしょうし
母は、ジロウと同居できない=生き物の世話ができない、と理解できておらず
これまで「私は猫は嫌い」と言い続けてきたにもかかわらず
ペットロスの寂しさを埋めるために
犬が無理なら猫で、という発想になっていました




- 高齢者のペットロス -

高齢者と、それよりも若い年代とでは
ペットに対する考え方や可愛がり方に隔たりがあるにせよ
「高齢者とペット」にはそれだけではない問題が起こります
適正飼養に必要な
観察力・想像力・判断力・記憶力・行動力が
老化により衰えるからです
(→コチラの記事で触れています)

そして、入院や施設入居などでそのペットと別れる場合
(→ジロウを引き取る経緯
ペットを看取る経緯がなく
共に暮らせない理由は「自分が世話ができないから」
と、納得しなければなりません

そばにペットがいない現実・押し寄せる寂しさ・自分が出来ないことを直視することは
●気持ちの処理が困難
●自尊心が傷つく
という、後期高齢者にとっては厳しい精神状態で
ペットロスの日々を過ごさねばならないのです

うちの両親は、ジロウの前に飼っていたタロウ(同犬種)を老衰で看取っています
もしジロウがいなくても、タロウ亡き後8年経った今はペットロスの寂しさは癒えていたはずです
現在の、年老いた両親の「ジロウがいない」ペットロスの寂しく辛い日々を
誰も想像できなかったのです




ジロウがうちの子になり、もうすぐ1年経ちますが

180424-3jiro
 うちに来た頃のジロウ

190424-2jiro
 最近のジロウ


両親のペットロスの精神状態には、今も気を使って接しています
ジロウの話をわたしから持ち出すことはなく
両親もわたしにジロウの様子を聞くことはほとんどありません
「自分たちには飼えない」と直視することを避けているように見えます

老後をペットの〝癒し〟と共に、と考える場合
若年層より回復が困難な高齢者のペットロスを軽視せずに
慎重に考えて欲しいです



- ペットの命の軽視 -

ペット(どうぶつ)が受けるストレスはどこまで許されるのか?
人によりその基準が様々なので
「不適正な飼育環境である」という判断よりも
「癒しが得られることが必要」という意見が通ったりします

たとえば、後期高齢者と同居していない家族が
「ペットの存在で癒されながら長生きして欲しい」と願った場合
・動物のストレスサインに気づき、適正飼育できるのか
・家族はペット可物件住まいか
・家族はすでにペットを飼っているか
・高齢者のペットロスは若年層よりも回復が困難
・飼い主が変わることによる動物への負担
を考慮することが必要です

190424-2-150515jiro
 両親宅にて2015年撮影
 室内で鎖で繋がれていたジロウ
 会うたびに「繋ぐのをやめて」と父にお願いしていた
 トリミングサロンに連れて行かず父がカット


いざ、後期高齢者が飼えない状況になった時には
そのペットロスへの対応も必要ですし

もし、家族がペットの引き取りが不可能な場合
新しい家族を探すことは、決して容易なことではありません
(ジロウのようにトイレ躾されていない&吠えて要求する成犬は
 再トレーニングが必要で、里親探しに時間がかかります)

ペットにとって一番負担がかかる出来事は、飼い主が変わることです

それを前提として高齢者が飼い主となるなら
いずれ訪れるその動物への大きな負担が、なるべく少なくなるように
高齢者との同居段階から工夫と配慮が必要です



うちに来てから始めたジロウのダイエットは
今も続いています






「高齢者とペット」の問題には
ヒトの〝癒し〟のために
どうぶつの〝命の軽視〟がされている場合があると同時に
高齢者のペットロス・その家族の人生にも大きく関係し
それは〝人生の軽視〟にもなりかねないのです

大げさだと思いますか・・・?

つづきます


続きを読む »
スポンサーサイト



高齢者と癒しロボット

ご訪問いただきありがとうございます
今日はペットロボットもしくは癒しロボットの存在についてのお話と
全員集合写真も載せますよ

+:。.。:+*+:。.。:+*+:。.。:+

離れた地域に暮らしている家族や高齢のご両親が
ペットと暮らしているか・野良猫の餌やりをしているか
などを家族間で把握していますか?
手術を怠ったため頭数増加という最悪の事態にならないように
fc2-neuter4” border=
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-dassou6” border=
猫が脱走するのはどんな時


猫が脱走した場合の捜索手順
 ↑初動はスピード勝負なので頭に入れておいてほしいです

fc2-satooya-p

+:。.。:+*+:。.。:+*+:。.。:+

先日、高齢の母が自分からペットロボットが欲しいと言いました
わたしは母にペットロボットの話をしたことはないです
新聞を読んだ母が、ある商品を取り上げた記事を切り抜き
わたしに見せて「これが欲しい」と言ったのです

ネットで注文したらすぐに届きました
キャッチフレーズは「心を癒す、しっぽクッション。」
毛が生えた丸いクッションに尻尾がついています

190322-1qoobo
クッションといっても、ヒトの体重を乗せて使うものではなく
抱っこしたりそばに置いて撫でたりする癒しロボットです

クーボ(Qoobo)
は撫でるとしっぽが動きます
振り方や動く速度が繊細でバリエーションがあります
微かに聞こえるウィーンウィーンという機械音が
猫のゴロゴロ音のようで、その音も愛しく感じます

190322-3qoobo
充電式です
取り扱い説明書もあります
表面のフェイクファーはたっぷりの毛量で撫で心地が良く
カバー状になっているので、洗うことも可能

犬と猫、どちらにもあてはまるシンプルなデザイン
母は猫として名前をつけてそばに置いています

ペットと暮らすことを夢見る若い人や
犬や猫と暮らしている人も
SNSにクーボの写真をあげているのを見ました

190322-2qoobo
クーボを手に入れてしばらくして、母に確認してみると
スイッチがあることもしっぽが動くことも充電方法も忘れていました
覚えていられないことは想定内です
クーボを毎日触って癒されているようだし
しっぽが動くことを伝えると
新しい発見をしたかのように「あら、そうなの?!」と言いました




しっぽが動くことも充電することも忘れてしまうなら
ぬいぐるみを与えても同じではないか、と思われるかもしれないけれど

ジロウ(現在うちにいる犬)と離れ
その後「猫を飼いたい」と言い出した母が
〝生き物の世話をすることは無理〟とやっと納得し
それに変わる存在として癒しロボットを選んだのです

クーボの記事から〝癒しロボット〟という商品企画意図を読み取り
「自分にこれが必要」と母は思ったのです
このことは尊重すべき大事なことです




犬や猫型、可愛いビジュアルのロボット型で
表情豊かに手足が繊細に動くロボットもあります
価格が高い分〝顕著な反応〟が癒しの重要ポイントです
こういうロボットを母のそばに置いたら
充電が切れると動かなくなることで
興味を失う(もしくは寂しい気持ちになる)かもしれません
クーボのようにシンプルな形が
物忘れの激しい後期高齢者の母には合っているとも感じました




ペットロボット
わたしはいつか手元に置きたいと思っています
その〝いつか〟は生き物の世話ができなくなることを想定して、です
サヤとタイガ(猫)を家族として迎えた頃から考えていたことですが
サヤとタイガ、ジロウを看取ったら、動物の家族は持たないつもりです
地元の動物愛護センターから高齢だったり病気持ちの猫の
看取りの引き取りはするかもしれないけれど、1匹飼いと決めています

わたしが手元に欲しいと思う頃に
もう少し手に入りやすい価格になっていることを期待しながら
ラボット(LOVOT)
という癒しロボットに注目しています
とってもかわいいその存在感はお値段に見合う性能だと思います

家族の一員になる癒しロボットの商品開発が進むことで
動物の命が犠牲になることが減りますように・・・



















みーちゃん公式サイト:警察と共同開発した振り込め詐欺対策用おしゃべり人形
草加市:市内在住の65歳以上の希望者に対し無償で振り込め詐欺防止装置「あんしんみーちゃん」の配布




家族を覚えたり状況を読み取ったり、それにより反応が変わるロボットは高価になるよねー


うちの3匹集合写真
全員入れようとすると遠近法を駆使したり
こんな風に↓構図がイマイチだったり

190322sayataigajiro
サヤとタイガ(猫)はそっぽを向いて
ジロウ(犬)はめっちゃこっち見てる
まとまりのない写真のできあがり!笑








高齢者とペット

今日はわたしの身近にいる犬の話です
現在ペットと暮らしていない人にもあてはまる話です
ちょっと長文ですけど読んでくださいね

離れた場所に住むわたしの両親は
犬を飼っています

先代の犬が老衰で亡くなり、しばらくして
再び犬を飼いたいと両親が言い出した時に
わたしは両親の年齢を考え、また、躾ができないことを知っていたので
子犬から飼うことに猛反対し
里親募集中の成犬を迎えることを勧めました

けれど、わたしの意見は無視されました
ふだん親孝行していないと肝心な時に説得力がないのですね・・・


後期高齢者である父はペットショップへ行き
子犬を買いました
わたしに知らされたのは購入後半年過ぎてからです
その犬、ジロウくんは今年6才になります




〜高齢者がペットを飼育することについて〜

保護猫の里親募集をする際に
高齢者のみで住んでいる場合はお断りしています
ただし、駆けつけられる近い距離に家族が住み
その方が後見人として譲渡誓約書に連名で署名していただける場合は
トライアルに進むことはあります

飼い犬や飼い猫は長生きするようになりましたから
終生飼養を誓っていただくには
飼育者の年齢が大事な条件になるのです



わたしの両親の
犬との接し方を見ていて思うのは

・注意力がない(人間の食べ物や薬の誤食の危険性大)
・欲しがるとなんでも食べさせてしまう
・犬の年齢に見合った運動量をこなせない
・シャンプーやブラッシングや爪切りなどマメなケアができない
・犬からのメッセージに気づけない

などなど
観察力、判断力、記憶力、体力、反射神経の衰えにより
犬の世話に手が届いていない、だけでなく
誤食の場合は命にかかわるので、見ているとヒヤヒヤします



170309-1jiro
両親の家に行った時は一緒にお散歩します
名前を呼ぶと笑顔でカメラ目線をくれるジロウくん


170309-2jiro
両親はなでなでや抱っこをしないので
わたしの膝の上が大好きなジロウくん
声をかけると必ずわたしを見てくれます



ジロウの後見人は
子犬を飼うことを勧めた兄夫婦(遠距離住まいです)です
兄夫婦に飼えない事情が生じれば
わたしがジロウの面倒をみることになります



高齢者はペットを飼うな、と言うつもりはありませんし
共に暮らすなら高齢者もペットも元気に笑顔で過ごせることを望みます

その一方で
高齢者の入院、施設入居、亡くなったなどの理由で
ペットの飼育放棄が増えています
誰でも年をとるのですから
誰にでも起こりうることです

「終生飼養できるかどうか」
世話人とペットの年齢をよーく考えて飼い始めることが重要です

だからこそ
高齢者でペットを飼う予定がある人
知人や親族や両親にそのような予定がある人は
近隣に住んでいるご家族が
お互いに合意の上で後見人になり
飼育放棄がないように準備を整えてください

そして、里親になる場合は
高齢者の体力でも世話が行き届くような
ある程度年をとった成犬成猫で
性格や癖、しつけの状態がわかる(犬の場合は犬種も選ぶとよいでしょう)
里親募集中の保護犬猫から選ぶことをお勧めします




170309-3jiro
ふわふわのベッドをプレゼントしたら
さっそく寝転がって喜んでくれた



〜ペットを売る店について〜

ちなみに
ジロウが売られていた店は
バスが通る大通りに面した個人経営の店です

ショーケースにいる子犬を買いたいと言う高齢者に
躊躇せず売るということは
その子犬の飼育環境は?終生飼養できるのか?
全く関知していない店ということです

売れた後の商品(犬)について考えていないということは
仕入れる前のこと、つまり
子犬がどのような環境で生まれたか?
母犬の飼育環境は?
ということにも関知していないということです

そして
商品(動物)を店に卸す業者の中には
健康な生体を産むことを考えていない繁殖業者や
素人繁殖する人がいます
不衛生な飼育環境の中、過剰な出産回数を母犬に強いて
子犬をたくさん産ませます

量産するために動物を扱っているのですから
利益につながらない犬は用無しです

ジロウを生んだ母犬、兄弟犬、同じ飼育環境にいた犬たちは
今頃どうなっているのでしょう・・・



これからペットを飼う予定のある人は
店頭に並ぶまでの流通の背景を知ってほしい
その商品(動物の命)を売るに値する店なのか
知ろうとしてほしい、と思います
そして
買う以外に
保護動物を家族の一員に迎えることを選択肢に加えてほしいです





170303cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう


脱走防止にアコーディオンカーテンの使用例

まだ間に合う!外猫の不妊手術!←飼い猫もね

ふわふわベッド










この記事から1年後
ジロウ(犬)を引き取る経緯(2018.4/22)




学んだこと備えること

ここ数年のできごとから受けたショックが
尾をひいて低空飛行のままだった
東日本大震災
愛兎ふわりの死
身内が子犬を購入
年下の友人の死 、、、
、、、
時の流れが癒してくれることも確かにあって
今年の3月11日は
だいぶ心が落ち着いていると自覚した

それでも、地震を感じると
あの大きな揺れの再来かと一気に不安が押し寄せる
だが、教訓は忘れまい
今も東北は復興を続けているのだから
学んだこと備えることを活かさねば、ね

うさぎのつきとふわりが眠っているお寺へ
お参りにいってきたよ
150603ikegami
彼らは病死と老衰だった
いまでも感謝しているよ、つき、ふわり



時は流れていくけれど、忘れてはいけないこともある

身内が購入した子犬は今年3才になる
飼い主(買い主)は老人夫婦、恥ずかしい話だがわたしの両親だ
ふたりとも、犬のトイレしつけができない人だ
以前も犬と暮らしていた
トイレを覚えず、マテもオスワリもできなかったが
犬としては幸い長生きしたほうだと思う

看取った犬と同種犬と暮らしたい、と聞いたとき
わたしはもちろん、里親募集している保護犬を勧めた

高齢者が子犬を買うという選択は、絶対にして欲しくなかった

年齢を考慮すれば子犬なんてとんでもないし
保護犬なら、トイレしつけができている犬もいる
両親が暮らしている地域で里親募集中の
同種犬の情報を集めて伝えたけれど
・・・無駄に終わった

わたしに内緒で、両親は店で子犬を買い、
しかも、そのことを明かしたのは半年たってからだった

時間がたてば済むと思ったのか、
実際に犬に会えば情が湧いて、納得すると思ったのか、
いずれにしても
命を軽視していないだろうか?

わたしの意見が無視されたのは
これまでの生き方が、自分の言葉を届かなくさせたのだろう
家族に対する思いの希薄さ
家族と距離を保たないと生きてこられなかったわたしの
病気に対する偏見
(これはしかたがないことで、家族であれば理解可能とはさらさら思っていない)

3年前に、両親に子犬を買うことを勧めた兄は
トイレしつけされていない犬を
いずれは引き取るという覚悟はできているだろうか・・・
「そのつもりだ」という言葉を確かにわたしは聞いている

兄と義姉には「保護犬保護猫は飼いにくいだろう」
という先入観があったのだと思う

わたしの場合は
たまたま人慣れしていない保護猫を預かり
家猫修行の期間があるけれど、
保護犬猫が人慣れしにくいと思われるのは
大きな間違いだ

トイレもできて、人懐こく行儀の良い保護犬はたくさんいるし
猫は、ほとんどの場合トイレしつけは必要なく
人なつこい保護猫もたくさんいる

もうすぐ3才になる両親の犬
150603jiro
このこに罪はないし、もちろんバカなわけでもない
悪いのは、トイレしつけができない前例がありながら
店から子犬を買う両親だ

そして
高齢者に子犬をホイホイと売る店
売った犬がどのような暮らしをしようとも関係ない
繁殖犬(母犬)がどのような環境で生きていようとも
見て見ぬフリなのは、店だけでなく消費者もだ

税金を使って殺処分されるのは
人間が持ち込んだ犬猫たち
動物が病気になったから、動物が年をとったから、引っ越しするから、子供が生まれるから、
人間側の勝手な理由で飼養放棄されている

「わたしたちはそんなヒドイことしない」

と、今、思ったあなたにこそ
店から買う選択をする時は慎重になって欲しい

里親さんとのご縁を待っている成犬成猫たちがいることを思い出して欲しい
トイレしつけもできていて性格もわかっている保護犬猫の中から
家族構成や生活パターンに合った1匹を選ぶことができるのだ


そして
すでにペットと暮らしている人は
考えて欲しい
家族や親戚がペットと暮らしている場合も
想像して欲しい

飼い主が必ず終生飼養することは前提だ
だが、想定してみよう

自然災害で避難する可能性もある
(環境省はペットとの同行避難を推奨しています
 ・災害時におけるペットの救護対策ガイドライン
 ・備えよう!いつもいっしょにいたいから

また、
飼い主が急病や事故で家に帰れない日がくるかもしれないことを
想定して

話しあってみませんか



遺言書をかくこともおすすめします
家族(飼い主)は不死身ですか?~必須連絡帳を残そう~


「買わないことからはじめよう」
 TINAの毎日が猫曜日? 2015.5/22記事






150529cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください