夜に鳴く気持ち

トーマくん、捕獲後の診察の後
うちへ来てケージ内生活を開始

食欲不振が数日あったけど今は完食
近づくとシャー!言うけれど
素手で顔周りを触らせてくれる

そして
外猫が室内生活を始めるときに
必ずあるのが「夜鳴き」
まぁたいてい数日(長くて一週間くらい)でおさまるもの

トーマ君も夜鳴きします、まだしています
何日めだっけ?
しかも大音量で朝まで

121031toma1
よく鳴いてくれますなぁ、トーマくん

声かけすると
音量が下がり「ニャア」と可愛い声になるのが
せめてもの救い

夜に鳴くのはどうして?
どんな気持ち?
不安なのかな、そうだよね

121031toma2
ゴハンいっぱい食べて
お昼寝して
のんびり過ごしていいんだよトーマ







スポンサーサイト
Theme: | Genre: ペット

太い手

121029chibi3
チビトラは手が太い

ハンサムな顔も魅力だし
この手もチャームポイント



ただ揃って前に出てるだけなのに
121029chibi4
かわゆすなぁ




121029chibi1
クロス!

121029chibi2
して寝ておりました




最近は抱っこの練習をしている

眠そうなところをネコづかみして
そっと膝に乗せると同時に
頭を撫でつづける

膝にフリース敷いておくと
ふわふわに包まれて頭もまれて
何が起きたかわからず
ボーッとしているチビトラ

我に返るとビックリして
タタッと降りていく
写真撮る余裕なしw

抱っこに慣れてくれるかなぁ
そうなるといいなぁ


うちにいる猫たちはねこひと会さんから「一時預かり」をしている猫です。








シホにくるまる

121026hands
手がかさなっている


121026shiho-c1
シホちゃんとチビトラがひとつのベッドに


121026chibi
チビトラ、小柄なシホちゃんを枕にしている


121026shiho-c2
ふところの大きなシホちゃん

もうすぐ里親様の元へ行きますよ〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今ここに載っている猫たちは参加しませんが

10/28(日)nekonoko ねこの里親会が開かれます。

たくさんの猫たちがご縁を待っています。
ぜひ会いに行ってあげてくださいね〜







Theme: 猫と暮らす | Genre: ペット
Category: シホ

トーマとの再会

121024toma1
このコが捕獲器に入ったのは二度めだ

一度めは今年3月だった
去勢手術をして元のエサ場所にリリースした



でも今回はリリースしない



うちで家猫修行して里親様とのご縁を待つのだ
三本足のオス猫 生後12ヶ月 仮名:トーマ
長い序章は「保護猫サヤ」との出会いに繋がる

心残りからの出会い その一 2012.4/28記事
心残りからの出会い そのニ 2012.4/29記事




この記事を読み返してみると
今回の捕獲には
エサやりのAさんの努力の成果が大きいことを改めて感じる

春の捕獲時
「せめて触れるくらいにならないと、難しいですよ」
私は酷な現実を告げていた

「足の不自由なこのコだけはなんとか保護して里親様を見つけて欲しい」
それがAさんの切なる願い

リリース後
Aさんはゴハンをあげながらトーマの強固な警戒心が解けるよう
工夫したのだろう
外猫に対してはなかなかうまくいかないことだ


秋の気配を感じる頃
ゴハンあげてる様子を見かけたとき
わたしは驚いた

あんなに警戒心強くて人前でゴハン食べなかったトーマが

大声で鳴いてゴハンを催促し
Aさんの前でゴロゴロ転がりアピールし
ナデナデもさせてくれて
ゴハンをモリモリ食べていた

「これなら可能性あるかも」と希望をもった

元気だけど心配だったのは
足先欠損していた足が何故か更に短くなっていたこと
外猫生活には危険がいっぱい

猫ボラさんに捕獲器をお借りして
捕獲日を決め、いざ決行

姿を現しゴハンをねだるもなかなか捕獲器に入らない
夜も更けて
「今日は撤収、このままゴハンあげずに明日早朝に」ということになり
Aさんに捕獲器を預け
悔しい気持ちで帰宅

そしたらケータイが鳴る
「入ってましたぁ!」
Aさんはその場をいったん離れ捕獲器を片付けようとしたら
なんと、トーマが入っていたらしい


慌てて現場に戻るとトーマが不安そうに鳴いている
シャーもバシッもなくただ鳴いている
「大丈夫、これから幸せになるんだよ」
捕獲器を布で包みながら話しかけた

Aさんは泣いていた
嬉しくてホッとして
「写メール送ってください」と泣きながら言っていた

わたしは「はい、送りますね」と約束した


121025toma
トーマ、
トーマ、
会いたかったよトーマ

ありがとう
捕獲器に入ってくれて




即日、病院に連れていってくれた猫ボラさんが
想像していたより警戒心が強くないので驚いていた

「エサやりさんが人慣れさせようとがんばったんです」

わたしは告げた

Aさん、ほんとうにありがとうございました



Theme: | Genre: ペット