映画、のつづき

0403tsutaya
私のツタヤカードは古いデザインだよね。
2007年7月頃観た映画。レンタルDVD含む。

「バベル」

「FREEDOM1」「2」「3」
 続きが楽しみ。

「マッチポイント」
 ウディ・アレン監督
 お薦め。

「変身」

「フラガール」
 こんなに泣ける作品だとは思わなかった。
 ダンサーの中に、私が以前通ってたジムのジャズダンスクラスで
 一緒にレッスン受けてた人がいる。
 その頃からドラマに出てた役者さん。ていっても、話したことないけど。
 蒼井優の魅力のひとつ、泣き顔。
 口をよこに広げて、ワーンって感じの泣き。
 「変身」でもその泣き顔がどアップで。胸にせまる。

「美しい人」 9lives。
 登場する女性たちのつながりに気づくのは、
 映画を観ている傍観者のみ。
 そして、彼女たちの‘その後’が描かれていないから、
 観ている人それぞれの人生観が、
 その先に現れるんじゃないかな。

「クレールの刺繍」
スポンサーサイト
Category: 観・聴

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する