個々に見てあげられる環境とは

タイガの腎不全を疑ったきっかけは
尿量だった
水を飲む量も多かった

飲んでいる場面も見ることはあり
うちに来た時から
タイガ(チビトラ改め)は水飲む量が多いと思っていたし
サヤは少ないと認識していた
トイレで大も小もしている場面を見るし
砂を見ればこれがタイガ、これがサヤとわかった


うちは2頭までだから




保護ボラさんの家はどこもシェルター化していることが多く
つまり、頭数が多い
ケージ暮らしの猫は別としても
室内フリーの猫の病気に気づくのが
遅くなっても当然と思った

それぞれが飲んでる水、ゴハンの量
トイレを見て、どの子がしたのか
・・・わからないよね


だから今、里親募集されている動物たちが
それぞれ個々に目が手が行き届いた環境で暮らせるように
どうかなるべく早く
ご縁がありますように

そう願わずにいられない


131121cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボランティア宅での面会が可能なのでお問い合わせください





131120-1taiga-saya
なんとまあ

131120-2taiga-saya
仲睦まじいタイガとサヤ

その間にわたしを入れておくれ〜
 ↑
かなわぬ願い、特にサヤにとっては無理難題

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する