サブタイトルに込めた思い

4月に入ってから
トップ画像とサブタイトルを変えた

140412-2saya-taiga
ベランダから窓越しのサヤとタイガを撮っていたら

タイガは
窓越しに「シャー!」言った(笑
そして絶対カメラ目線をくれない(笑

なんとか2匹の視線をもらいたいのだけど
140412-3saya-taiga
やっとこんな感じ

そんななか撮れた一枚
140412-4saya-taiga
タイガのきれいな瞳と
サヤのタイガを見つめる視線が
いいなぁと思って

このブログは
完全室内飼いの2匹の様子が見れますよ
みたいな
そんな意味合いも込めてトップ画像にした


サブタイトルの
「三匹は多すぎる」

これは自分の本音でもあるし
一時預かりボランティアに限らず
保護ボラさん宅(一般家庭)やシェルターと呼ばれる場所であっても
三匹以上が一部屋で飼われるというのは
犬であれ猫であれ他の動物であれ
ストレスがたまるし
個別の健康管理が難しくなるし
衛生面でも行き届いた管理をするのが
世話をする人間にとって困難になるのではないかと
思えたから

とは言っても現実は
保護ボラさん宅やシェルターには
里親募集されている動物と
まだ募集に至らない動物がいて
もっともっと

「一時預かりをする人」
「里親になる人」

が増えないと
常に多すぎる頭数を抱えてしまうのは
保護ボラさん宅になってしまう




以前わたしはこのブログで
二頭まで宣言」をしていて
あの頃はほんとにゼイゼイ言いながら生きている感じで
自信も失いかけていて
ペットを持つことも自分には許されない、とつぶやいている

今、うちにはタイガとサヤがいて
二匹なんだけど
相性が良く完全なペアになっており
わたしにとっては「一匹」と言っても
過言ではないくらいなのだ
(わたしにも適応できる余裕が出来たようだ
 そして、そうなれたのもこの二匹のおかげと思っている)

だから、うちで家猫修行が必要な猫がいれば
預かりは続けるつもりだ
ただ今もタイガとサヤは変化しつづけているし
新入り猫さんが
人との暮らしに慣れるまで時間がかかるのと同じように
病気持ちのわたしは新入り猫さんの反応によって
わたし自身のコントロールが困難になるので
(最初の一週間は三週間くらいに感じる)
『継続できる』ことを前提に
これからもがんばるつもり




「三匹は多すぎる」


わたしの考えは軟弱すぎる?
三匹以上が室内フリーだと
どのウンチがどの子ので
どのオシッコがどの子ので
これさえもわからなくなると思うんだけどなぁ


140412-1saya-taiga
窓の内側ではこうなっている





140410cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

4/19(土)Smile Catさん主催 ねこの譲渡会 目黒区後援が開かれます
4/27(日)ねこのこさん主催 ねこの里親会が開かれます




スポンサーサイト
Theme: 猫画像 | Genre: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する