脱走防止が必要なのは網戸は戸ではないからで

窓を開ける季節を迎え
「猫が脱走」の悲痛な情報が増えています

年令も飼育期間も関係なく
「うちのコに限って」「ちょっとした隙に」
飼い主さんは皆そう言います

網戸を破ることが猫には可能だし
ガラス窓より軽い網戸は
何かの拍子でほんの数センチ開けば
猫が通り抜ける幅まで開けることは簡単です

顔の幅があれば
猫はそこを通り抜けることができます
隙間の向こうに興味があるだけで
「外に出たい」わけでもないのです




完全室内飼いで猫は十分に幸せな猫生を過ごせます

交通事故や感染症や寄生虫から猫を守るのは
共に暮らす人間にしか出来ないこと
そして
外猫の交通事故はほんとに多いです

なのに
うっかり外に出してしまったら
もう守ることはできません



例え、脱走防止策を施していても
猫の行動は予測不可能なので
あらゆる防止策を施してもやり過ぎということにはならないです



140524-1saya
隠れているつもりなのかな?

140524-2saya
サヤはカーテンの中が好き

ここはベランダの窓
わたしがベランダに出る時は
なるべく猫たちにはケージに入ってもらうか
 


仕切りが出来る部屋の方に入ってもらう
(特に今なら かのん のように
 うちに来て間もない預かり猫さんは絶対に隔離する)

脱走防止の柵はつけてあるけど
あまり意味がないので
風通しの為にここの窓を開けることはしない
140524-3madosaku
ベランダ窓上部

伸縮間仕切りを脱走防止として設置


上と下(床)でギリギリ窓に寄せて取り付けているけど
猫の頭が入ってしまうので
意味がないのだ

来客があった時に
超臆病美男子カメラ苦手タイガの姿が見えなくて
探してみたら
この柵の内側(柵と窓の間)を上部まで這い上り
挟まっていたことが過去に二回ある

これではなんの意味もない(対策は試行錯誤中)
なので
わたしがベランダに出る時は
猫たちがベランダ窓に近づかないように
隔離する
それしかないのだ



140524-5saya
サヤが別窓のカーテンの中にいた

この窓はサヤがいる方は開かない造りになっている

140524-4mado
ガラス窓が開く方には脱走防止柵をつけている



140524-6taiga-kanon-saya
写真にもよく登場するこっちの窓辺は
やはり片側がガラスがはまっている造りであり
右側の窓のみが開閉できる

140524-7madosaku
右側の窓には脱走防止柵をつけている

伸縮棒とメッシュパネルと結束バンドで作る
この脱走防止柵は
取り付け後、月日がたつと突っ張りの圧が弱くなって
グラグラになっていることがあるので
(実際にうちはそうなっていたので)
しっかりと上下に突っ張らせておきましょう
時々点検しましょうね!

 

 

 


今、窓を開けて風を入れていませんか?
あなたのおうちの猫さんは
絶対に絶対に窓から外へ出ませんか?


外に出してしまったら
守ることができません



迷子猫にさせてから後悔しても

遅いのです




140522cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

5/25(日)ねこのこさん主催 ねこの里親会が開かれます
里親会は事前に申込等は不要です
ぜひぜひ会いに行ってあげてくださいね



こういうのもあるし
 





内ドアが無く
玄関と部屋が直結の場合はこういうのとか

ペット用ドアは常に鍵ロックオンで!
柵の間を猫が通り抜ける可能性もあるので
メッシュパネルで補強してね!


おしゃれな結束バンド



アコーディオンカーテンの脱走防止対策使用例
↑こちらも参考にしてみてね

脱走防止柵を改良
↑年月が過ぎ、柵を新しくした時の記事

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する