TNRをやるのはどんな人?〜チラシの言葉〜

3月が終わろうとする頃に
外猫の不妊手術の相談があった

相談者さんは、餌やりはしていなくて
いつも通る道に猫を去年から多く見かけるようになり
しかもメス猫が数匹いるので
気になっていると言う

行けない距離ではなかったので、早速お会いして現場を下見した
そして
相談者さんはメス猫写真付きでチラシを自作してくれた
猫たちの飼い主を探していること
避妊手術が必要なので捕獲する予定であること
そして協力者も必要であること
近所の住人に伝えるために直接手渡したりポスティングしてくださった

結果、数件の糞尿被害の申告があったようだが
飼い主は名乗り出ず
このままでは子猫が産まれてしまう・・・
相談者さんがやりましょうと言ってくれたので
すぐに手術予約、捕獲決行!

わたくし、こんなに楽な捕獲は初めてでした!

相談者さんに(餌やりしない人なのに)抱っこされるほど馴れている猫2匹を
わたしはキャリーケースと捕獲器にそれぞれを猫づかみで入れ
扉を閉めて終了!
捕獲器必要なかったわw

そして2匹の退院日、相談者さんと共に病院で猫たちを引き取り
元の場所へリリース
150401-1ida 150401-2ida

なんと!?
その場で別のメス猫を捕獲することに成功
150401-3ida
再び病院へ舞い戻り
結果3匹のメス猫避妊手術を完了することができた

相談者さんはTNR初体験
でも行動力があり近隣の方々に話してくれたおかげで
協力者を得て
更には、車での運搬を申し出てくれたので
うち~現場~病院と何回も往復していただいて
らくちん、らくちん、ありがたや
ホント感謝です

ここまで読んだ方は
この相談者さんをどんな方と想像しただろう?

男性なのですよ、
育ち盛りのお子様がいるご家庭を大事にされていて
お仕事もお忙しく、普通に生活を営む男性です

この相談者さんが近所の方へ配った
TNR完了のご報告チラシ
承諾をいただいたのでその内容の一部をご紹介
文字色もチラシのまま
++++++チラシ++++++

〜中略〜
メス猫3匹の避妊手術を飼い主不明のまま野良猫扱いとして行いました。
3匹のお腹の中にそれぞれ
3、2、7匹、計12匹の命があり、中絶
となりました。
これ以上猫が増える事がない、という第一歩としてのご報告です。
これ以上増やさない事、が先決です。

以下の3匹が避妊済みです(耳に切れ込みがあります。避妊済みの印です)。
(3匹の猫の写真)
近所にてよく通りかかりずっと気になっていましたので
今回の活動とさせて頂きました。
〜以下略〜

++++++ここまで+++++++


相談者さんは病院にて
トレーに載せられた産まれてこなかった命を
しっかりと目視し
(前もって獣医さんから確認あり見ることが可)
手を合わせ
避妊手術の必要性に改めて納得されていたようだった
そして
TNRのこと、猫たちとの共生について
近隣の方たちにも知ってもらおうと
今後もできることをできる範囲でやってみようと
考えていらっしゃるのでないだろうか

チラシにある「第一歩」の言葉に
わたしも勇気づけられた


「頼みの綱は普通に忙しく生活を営む犬猫動物好きの人たち」2014.12/26記事





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マアムも
福島県の帰還困難区域で捕獲器で保護されたのち
避妊手術をしたんだよね
150401-4marm
我が家で一番人なつこい存在になった
小顔美人のマアムは里親募集中〜!


150322cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください
スポンサーサイト
Theme: 保護活動 | Genre: ペット
Category: 外猫TNR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する