だからこそ「うち」の子

サヤがトイレでシッコしている
150511-1saya
それがどうかしたって思うよねー

これね、もう先週のことだけど
嬉しくて思わずカメラ向けたの


わたしの勝手で4匹飼いになってから
サヤがトイレで出来なくなってて
窓際の猫ベッドやフリース布の上でしてたの
理由は
猫嫌いうすちゃんに襲われるのを恐れて
床にも降りられなくなっていたから



それに関しては
ほんとにごめんねとしか言いようがない
わたしの勝手でそういう状況になったから

毎日朝晩「ごめんねサヤ」撫でながら謝っていた





また3匹飼いに戻って
(でもうちは「三匹は多すぎる」は基本だよ)
数日たってからやっと
サヤはトイレで出来るようになり

夜ゴハンは床に降りて食べられるようになった
150511-2saya

朝はまだ窓際に運んでいる
わたしの「ゴハンの唄」に合わせて
いつものように合唱するサヤだけど
朝は床に降りて来ない
こういうのもサヤっぽいけどね

以前は、朝晩のゴハンは
タイガと一緒にリビングまでいそいそと出てきて
待っていたんだ
それと
夜は必ずリビングでの「サヤとの遊び時間」があった

ようやくオモチャに反応するようにはなったけど
150511-3saya
オモチャを追いかけて
部屋を自由に行き来して
走ったりでんぐり返ししたり・・・するまでは
もう少し時間がかかりそう

150511-4saya
通常営業に戻っているタイガが遊んだりしても
サヤは引いて見ている
(猫はそういうタイプが多いけどね犬と違って)


繊細で隙がないサヤは
変化に敏感で、萎縮しちゃう事が起こると
より慎重になってしまう

わたしはそんなサヤのこと
ずっと大好きだよ

サヤも
わたしに対する警戒心が増したわけではなく
わたしの歌に反応したり(「ゴハンの唄」「遊ぼうの唄」がある笑)
手からオヤツ食べたり
密着ナデナデが出来たり
コミュニケーションの仕方は
以前からちょっとずつ(何年もかけて笑)増えていて
減ってはいない

それに
もしもサヤが
もっとフレンドリーで楽観的な性格だったら
里親募集をかけてうちを卒業していたよね

「こんな警戒心強い子、大変よ〜」
保護当初、ベテラン猫ボラさんに
そう言われたくらいのサヤだから
うちの子になったんだものね




・・・預かりボラを止めようか?

サヤを見ているとそう思うこともある
150511-5saya
もしかしたら
このブログを見ている人もそう思うかもしれない

多頭飼いって人間のエゴだよね
一匹だけの預かり猫なのにね


では

何故

預かりボランティア

って存在するんだろう?

そこのところを考える
たった一匹の預かり猫だけどね




うちの預かり猫のマアムは

里親募集中です〜!


150507cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
マアムも載っています〜!
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

爪で糸が出なくてイイ



スポンサーサイト
Category: 【サヤ】

コメント

No title

微妙

2015/05/11 (Mon) 23:43 | 123 #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

>123さん

> 微妙

そうでしょうね。当事者の全てが伝わるとは思っていません。

2015/05/12 (Tue) 18:39 | とも #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する