センサーカメラの画像チェックのお手伝い

PICT0028
どこを写した画像かわかりますか?
左端に猫が写っています


福島の国有化予定地内の、猫の為の給餌ボックスがある場所です
保護の為に捕獲器が設置されています

この土地には人が住んでいません
では
誰が餌を補充するのでしょうか?
有志ボランティアの方々です

ボランティア、普通の人がやっています
会社員、主婦、ふだんも忙しく生活している人たちが
週末など時間をやりくりして
福島まで長い道のりを車で往復しています

センサーカメラを取り付けて
猫が餌を食べに来ているのかどうかを確かめます
猫が生存していたら
保護する必要があるからです

現場では限られた時間内に
イノシシなどに飛ばされた給餌ボックスを設置し直したり
餌を補充したり
捕獲器の設置をしなければなりません

センサーカメラのSDカードと電池の取り替えもしなければなりません

SDカード内の画像をチェック作業も必要です

以前もお手伝いしたことがあります
その時は猫が写っていませんでした
それはそれで安心するのです・・・

今回も4枚のカードをお預かりしました
151125-1sd
とりいそぎ手前の2枚の確認作業をしました

PICT0029
PICT0035
PICT0037
上の1枚目に写っている猫と同じです
キジシロが1匹
そして
PICT2864
PICT5035
三毛猫が1匹

生きています



すぐにメールに画像添付して報告しました

実際に、福島の現地に赴きレスキュー活動されている方のブログ記事です

「センサーカメラの写った猫達」
 猫なみ~猫のマリアの活動日誌 2015.11/23記事


「福島 厳しい冬に一ヶ月間フードを届けられない区域、バリケードの中に取り残された被災猫達を救いたい」
 犬猫救済の輪 2015.11/25記事




アライグマやタヌキやハクビシンでななく
猫が捕獲器に入ってくれれば
保護することができます


うちから預かり宅を移動した
151125-2marm
里親募集中のマアム

福島県の双葉町で
有志ボランティアさんが設置してくれた給餌ボックスの餌を食べて
なんとか生きることができ
こうしてレスキューされた猫です

人が住んでいない地域で
猫が生きているのは
有志ボランティアさんたちのおかげです
でも
ボランティアは、特別に訓練された人がやることではなく
普通に忙しく生活を営む人が
時間を見つけてできることがたくさんあります

まずは、地元で生きている猫が
どうやって生きているのか知ってみませんか

そして
人が住んでいない地域で
命をつないでいる猫たちのことも
考えてみませんか

どの猫も
ちっちゃいちっちゃい仔猫の頃があり
生き残って
大きくなって
生きています





〜〜〜〜〜〜〜

わたしの住む区内でTNRで保護した猫
ちっちゃい体でボロボロになりながら
なんとか生きていた
アメちゃん
151125ame
里親募集中です〜!



うちは
サブタイトルにつけているとおり
「三匹は多すぎる」んです
こんな風に情けないくらい微力ですが
できることをできる範囲で
やっています



151123cats
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください




fc2-dassou3

スポンサーサイト
Theme: 保護活動 | Genre: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する