トライアルに際して

アメのお届け日の様子をアップする予定でしたが、
「トライアル」について書くことにしました

トライアルが始まったアメの里親さんから
さっそく近況をいただいています
アメの緊張と恐怖心の表れを目の当たりにして
戸惑われていることがヒシヒシと伝わってきます

当然のことと思います
緊張が溶けない猫と自宅で対峙することに
ほとんどの人は実体験がありません

家族にしたいと選んだ猫から
怯えた眼差しを向けられ
手を差し伸べれば逃げられ
・・・どうすればいいの?
ほんとうに困ってしまいますよね

このブログをご覧いただいている方の中には
将来、保護猫との暮らしを思い描いている方もいらっしゃるようなので
アメの里親さんへお伝えしたことを含め
わたしからの拙いアドバイスですが
ここに記してみようと思います
〜〜〜〜〜〜

アメに限らずですが
猫は臆病な性格の場合が多く
保護宅で人なつこく甘えることができても
知らない部屋に入れられ、知らない人がそばにいた時に
別猫のように怯えてしまうことは
珍しくありません

なぜ怯えるかというと
不安と恐怖でいっぱいだからです
例えば
病院へ連れていかれ、診察台の上に乗せられ
獣医さんに体を触られる
のと同じ、と言えばわかりやすいでしょうか?

トライアルというのは猫にとって
知らない部屋、知らない匂い、
知らない声、知らない顔
いきなりそんな環境に入れられ
そのうえ
これまで親しんだ人(や猫)は、いなくなってしまう
ということです

これは猫にとって、かなり過酷な状況です

「怖くないよ、わたしたちはやさしいよ」
そう声かけしただけで気持ちが通じれば
どんなにいいでしょう・・・
でも、言葉は通じないし
優しく撫でようと伸ばされた手を
猫は怖がってしまいます

獣医さんが「治してあげたいんだ、だからじっとしててね」と言っても
逃げ出したい猫が多いのと同じです

怯えてしまった猫の
不安と恐怖をとりのぞくには
猫自身が安心感を得るしかありません





目指すは

不安と恐怖 < 安心

です





安心してゴハンを食べられること
安心して眠れること
安心してトイレができること
まずはそこを目指します

そうなる為には
猫専用スペースを作って
静かに見守ってあげましょう

ケージを用意してもらうのがベストです
猫用ベッドかその代わりになる感触の良い布を置きます
猫砂入りトイレと水入れも置きます

冬なら
ペット用ヒーターを置き、暖かくしてあげてください
暖かくて居心地が良いことで、そのスペースを好きになり
安心感につながります

はじめのうちはケージの屋根と側面を
大きな布で覆ってあげるといいでしょう

食欲があるなら
時間を決めてゴハン(猫用フード)をあげましょう
そうすると
「ゴハンをくれる人」と認識してくれます
(食欲がない場合はフードを入れた食器を置いたままにして
 まずは食べてもらうことを優先してください)

ゴハンをあげた時やトイレ掃除の時に
触れるようなら
声かけしながら優しく撫でてあげてください
そうすると
「ナデナデしてくれる人」と認識してくれます

里親募集をかけている猫は
ナデナデが気持ちいいことを知っていますから
スキンシップをとることで
不安と恐怖より気持ち良さが勝り
安心感を得ることになります


猫が安心して
「ゴハン、ゴハン!」と心待ちにしたり
「ナデナデ気持ちいい!」とゴロゴロのどを鳴らしたり
態度に表れるまでにかかる時間は
猫の個性と同じでマチマチですし
さらに里親さんの生活パターンによっても違ってきます

ただ、どんな場合でも

猫にとって
知らない部屋、知らない人
   ↓
安心できるおうち、甘えたい人
に変わるのは
家族になる人からの働きかけ以外にはありえません

言葉が通じない分、
思いやりという ”想像力” も必要かもしれません

でも、想像しても

予想外の行動するのが猫

なんですよね


160124-01ame
(お届け日、家を出る前に撮ったアメちゃんです↑)

「不安を抱え込まないでくださいね」
アメのお届け日に
里親さんへお伝えした言葉です
この場合は「里親さんご自身の不安」です

預かりボラとして保護主として若輩者のわたしですが
臆病な猫達と対峙し
ビックリしたことショックなこと不安だったことの
経験はしてきていますから
里親さんご自身が不安を乗り越えていただくために
できるかぎりの助言をいたします

トライアルに入った保護猫が不安と恐怖に勝る安心感を得た時
里親さんの不安も無くなり
保護猫に対する「愛しい気持ち」を実感できると思います
そして
その猫とともに
「楽しく」暮らして欲しいのです


人が幸せでないと
猫も幸せになれません


あなたの思いやりで

あなたのやさしさで

保護猫をほんとうの家族にしてあげてください



どうぞよろしくお願いいたします



~ケージについて~
檻っぽい物を置くことを「かわいそう」と思われる方がいらっしゃいます
ケージをその猫専用のスペースとして利用しましょう
家族のベランダへの出入りの時
ケージに入れる習慣をつけておけば脱走防止になるし
掃除機をかける時
来客がある時
地震があった時
家族が『猫を守る手段』として使えるケージは
あった方が良いと思います
~~~~~〜〜〜

  

  

 

 



160120cats
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
保護ボラさん宅にいる猫たちです
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください


fc2-dassou4
脱走防止対策をしよう


脱走防止にアコーディオンカーテンの使用例

fc2-kubiwa3

マイクロチップも入れよう


スポンサーサイト
Theme: 里親募集 | Genre: ペット

コメント

No title

一週間はネコちゃん好き勝手にほっておくくらいの気持ちでいてあげて欲しいもんですね。
まずは慣れる時間がネコのほうに大切なのにね。

慣れれば優しくしてあげているのならネコちゃんのほうから懐いてくるよね。

2016/01/24 (Sun) 22:09 | xzsa #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

xzsa さん

そうですね。猫が新しい環境がどんな感じが把握する為に
ビクビクドキドキしながらの行動は1週間くらいはかかりますね。

「猫の為を思っての行動」が猫を怖がらせていることに
気づかない人は、私も含め多いと思うんですね。
その辺りは、一緒に暮らしてわかっていくことでもあるので、
猫が家族の優しさを受け入れて、楽しく暮らして欲しいですね。

2016/01/25 (Mon) 09:44 | とも #- | URL | 編集
No title

そう、人間関係も同じで愛とは「見返りを期待しない与えること」

待つことも与えることであるのと同じ。
と私も気づかされたんですよね・・・。

2016/01/25 (Mon) 15:25 | xzsa #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

見返りを期待しないでも
その存在がそばにいてくれるだけで
幸せな気持ちになれると
その猫と共に暮らせば
誰でも気づくでしょうね

アメも里親さんの元でそんな存在になれるといいな
と思います

2016/01/25 (Mon) 20:27 | とも #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する