家猫修行にドームは不要(動画:ナデナデの気持ち良さを知ってもらおう)

ここ数日の、食後のマコトくんの様子です
160625-1makoto
妙な写真だけど左はわたしの頭で
マコトくんの下のわたしの手は
ゴロゴロ音をビシビシ感じています

家猫修行でわたしが大事だと思うことは
・餌を置きっぱなしにしない
・ドームを利用しない

つまり

お腹が空いて、ゴハンくれる人を待つ生活にして
ゴハン時間を体を触る時間にして
ナデナデが気持ちいいことを知ってもらう

ドーム(似た形状の箱など)は前面だけが開放されているので
警戒している猫は
前だけに集中すればよく
室内全体に慣れるのに時間がかかる
(うちにドームが少なかったのはこういう理由)

猫との生活において人は
猫の上から接近することが多く
ドーム内にいて撫でることができても
室内フリーになった時に、人の接近に慣れるのに時間がかかる

猫の人慣れにかかる時間はそれこそ猫の数だけ差があるけれど
警戒しつづける日々はすなわち
ストレスを受け続ける日々なので

人間側の努力によって早めにストレスを軽減できるなら
それに越したことはない

里親募集するということは
新たな環境に入った時に再び不安を抱かせることになるので

もともと臆病な性格の猫の場合は特に
できれば年令が少しでも若いうちに順応性があるうちに
譲渡できた方がいい

てなことを思うわけです

3段ケージの上段のベッドで
ゴハンを食べることが日課となった
マコトくんへのアプローチは
160625-2makoto
毎回こんな状態

動画も撮ってみました
見事なシャー!も入っています笑

「家猫修行 ~ナデナデの気持ち良さを知ってもらおう~」YouTube


室内フリーにした後のマコトくんは
うちのタイガとの折り合いが悪く
まだのびのびと室内を闊歩することができないけれど

ケージの中が安心ゾーンになったマコトくんは
160625-3makoto
お腹ナデナデもさせてくれる

ゴロゴロ音もよく聞けるようになったよ
もちろん今も動画と同じ状態でゴハンタイムを過ごしています

マコトくんの面白いところは
ゴロゴロ言いながら
シャーも言えるという
繊細な百面相ができること!

新しい!




160625cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

6/26(日)nekonoko_b
nekonokoさん主催 ねこの里親会
が開かれます
里親会は事前に申込等は不要です
ぜひぜひ会いに行ってあげてくださいね
マコトくんは不参加です






fc2-kubiwa2

マイクロチップも入れよう



スポンサーサイト
Theme: 里親募集 | Genre: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する