外猫→保護猫→安寧の家猫に その4~ケージ生活を最短で終了するコツ~

人慣れしていない猫も人見知りする猫も
この先どのような状態になっても人との同居が続きます
人の接近、接触があっても安心して暮らせるように
ケージ生活から始めてみましょう

ケージの大きさは2段ケージが理想です
猫砂を入れたトイレをケージの床に
水入れも床に
猫ベッドを上段に置きます

【エサを置きっぱなしにしないでください】

猫飼育経験ありの方の中には
エサ皿置きっぱなしが習慣になっている方がいらっしゃいますが
ケージ生活期間はやめてください



【ご自分に合ったエサ時間で】

ふつうは成猫のゴハンは1日2回です

うちはサヤが偏食少食の為、1日3回、7時7時10時が猫のゴハン時間です
夜7時が余裕があるので、少し長めに預かり猫に触ることができています

エサ時間は人の生活サイクルによって変わりますから
ご自分に合った時間で進めていきましょう

家猫修行に特別に時間を割くわけではなく
食器を下げるまでの時間が少し長くなるだけです

猫に接触する時間のみで言えば
完全に室内フリーになってから、時間は多くなります
室内でリラックスしている猫を撫でたり声かけたり
思わずそうしたくなるわけですから
エサ時間以外に接触する時間は、当然多くなりますよね

ナデナデが「気持ちいい」に変わる瞬間が必ず来ることを信じて
最初の数週間をがんばりましょう
猫もがんばっています



【エサはエサ時間にあげましょう】

エサ時間になったら
猫用フード入りのエサ皿を猫の目の前に置いてあげます
同時に声かけもしてあげてくださいね
すぐに食べるようなら先行き良しです
ナデナデすることにチャレンジしましょう

緊張して食べない時は
エサ皿を置いて食べ終わるのを待ちます
人が起きている時間に食べない時は、エサが残っていてもお皿を下げて
翌日のエサ時間にあげてください

少食の状態が数日続いても大丈夫です
緊張がとけてくれば余裕が生まれ、本来の食欲が戻ります

お腹が空いていて、エサ時間になり、エサが運ばれる
このサイクルを覚えてもらい
人前で食べられることが大事です



【エサ時間を利用してナデナデしましょう】

パンチされるのが怖い場合は、料理用ミトンなどを使い
手先から腕までカバーしましょう

手で撫でることは大事です
ミトン越しであっても「人の手が撫でている」感触は伝わります
他の物、例えばネコジャラシなどを突きつけられると怯える猫もいるので
手を使いましょう

エサを食べている間に触れる場合は
ナデナデしてあげましょう

食べる気満々なのに
食べるのを止めて「ウー」と唸り声をあげる場合や
触ろうとするとパンチが出て、食べなくなる場合は
食べ終わるのをそばで待ちましょう
そして、食べ終わって皿を下げるのと同時にナデナデを始めましょう



【ナデナデのコツ】

お尻をいきなり触るのは不意を突かれるのと同じなのでやめましょう
猫の首から背中にかけて
サッサッと手を素早く往復させて撫でます

手を素早く動かすのは
猫に隙を与えず、ナデナデの感触に意識を集中してもらうためです
(下の動画も参考にしてください)
隙を与えないことで、パンチする猫もパンチが出にくくなります
同時に声かけもしてあげてくださいね

首から背中をしばらく撫でさせてくれるようなら
アゴや耳の後ろも撫でてみましょう
首から背中より、顔回りが気持ちいいと感じる猫もいます


【ココがガンバリどころ!】

シャー!言っていても撫でてください
パンチが出ても、首あたりまで手を伸ばせるなら触ってあげてください
強いパンチが出る場合も
毎日試しているうちにパンチが弱くなってきます

単なる感触「ナデナデ」を経験してもらうことが目的です
毎日続けます

猫の威嚇や攻撃は ”不安” だからです
ナデナデは痛くないし、聞こえる声はやさしいはずです

毎日続けることで人間の行動に慣れていき
不安要素が消えて「感触」そのものを味わう ”余裕” が生まれます
ナデナデは絶対に気持ちいいのです
猫にそのことに気づいてもらいましょう

ケガをしないように防御すれば
自分の気持ちをリラックスさせて接することができます

極端な例えですが
タイマーセットしたナデナデ機能搭載自動給餌ロボット
になったつもりで???

シャー!もパンチ!もその猫の大事な一面です
「今日も元気なパンチだね」
くらいの気持ちで続けましょう

猫もがんばっています



【終了の兆しが現れるまではケージから出さない】

ケージはその猫専用の場所なので
はじめての環境に入って数日で、猫にとって安心できる場所になります
人慣れしていない猫を室内に放つと、居心地の良い場所ではなく
隠れる場所を探すだけです
ケージから出さずに、がんばりましょう


下の動画で撫で方も参考にしてください
マアムはうちに来た当初、かなり激しい威嚇とパンチをするメス猫で
かなり日数がかかると覚悟しましたが
5日間ほどでゴロゴロ音を出したので、わたしも意外でした
好き嫌いなくよく食べて
おしゃべりでよく鳴く猫は
威嚇が激しくても、やはり早く人慣れします

この動画の前半は、まだケージ生活です
シャー!やパンチが出ても撫で続けたので
「ナデナデ気持ちいい」ことに気づいてくれました

動画45秒からは室内フリー状態です
でも、マアムはまだケージがいちばん安心できる場所なのです
動画ラストで、マアムが上段から降りたのは
ナデナデが終り我に返って、わたしから離れたんです
つまり
ケージの中で撫でることができても、室内フリーになれば
室内という環境に慣れるまで少し時間は必要です
これはどんな猫でも人間でも、生き物はそういうものですよね

こういう様子を見ても、いきなり室内フリーにするよりも
まずは、ケージ=専用の安心できる場所、を与えてあげた方がいいと思うのです


※動画のマアムは
 トライアル予定がキャンセルになり、里親募集中です


※ケージは防災用品としても重要です
地震などの非常時には、とりあえずケージに入れる習慣をつけましょう
余震が続いたり、停電の中、猫を探すことにならないように
日頃から防災対策を心がけて練習しましょう


※猫飼育の基本のひとつです
 【咬まれた場合の処置も覚えておきましょう】
 すぐに流水にあてながらしばらく血を絞り出します
 血が止まったらなるべく早く病院へ行きましょう
 絆創膏に収まる傷でもあなどってはいけません


次回はその5~室内フリーへ~ です

・その1~わたしにできるのだから、あなたにもできます~
・その2~里親さん宅まで短期間で~
・その3~猫の威嚇は怖くない~

160917cage
開けっ放しのケージでくつろぐ、うち猫サヤ



160829cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています





fc2-kubiwa2

マイクロチップも入れよう


スポンサーサイト
Theme: 里親募集 | Genre: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する