外猫→保護猫→安寧の家猫に その6~抱っこ練習~

室内のどこにいてもナデナデできるようになると
猫に膝に乗ってもらいたい人もいるでしょう

人なつこくても、抱っこは苦手という猫もいます
猫に抱っこの経験をしてもらい
できれば抱っこ好きになってもらいたいですね

キジトラのマアムは抱っこに慣れるのも早かったです
夜寝る前にナデナデ催促するマアムだったので
触り心地がふわふわのガウンが
抱っこ練習にちょうどよくて
160920-150304marm
この練習はうまくいき

膝乗りも添い寝もするようになりました
160920-150814-1marm
※マアムは里親募集中です


膝に乗ることは、猫にとってはナデナデとは違う経験なので
簡単に出来ない猫もいます
黒猫の豆たんは、フードやオヤツをあげる時に
人の体に乗ることに慣れてもらいながら、抱っこ練習をしました
参考に
「家猫修行の続き~抱っこを目指せ!~」
この記事↑の過程を経験した後で
下の動画のように抱っこ練習しました

豆たんは現在里親様の元で幸せな猫生を送っています




【抱っこの練習をしましょう】

ご褒美のオヤツをそばに用意しておきましょう
まずは膝の上に乗ることに慣れてもらいます
  
猫がリラックスしている時間を見計らって、ナデナデします。
静かに体を引き寄せて膝上に乗せます。
この時に
上に持ち上げるより、ネコづかみして横に移動する感じで乗せます。

抱っこに慣れていない猫は
脇の下に手をいれられることも
さらに持ち上げられることにも抵抗を感じることが多いので
ネコづかみをします

ネコづかみは
母猫が子猫を運ぶ時と同じで
猫をおとなしく運ぶことができる方法です
猫の首根っこを掴みます
思いきって皮を手のひらいっぱいに、グワッとつかむのがコツです

ネコづかみをして
なるべく体の力を抜いた状態のまま
膝に乗せます

膝に乗ったらナデナデしましょう
自分の胸と両腕で包み込むようにして
ゆりかごのように揺らしたりするのも効果的です
オヤツをあげましょう
怖がって離れた場合もオヤツをあげてくださいね

このような経験を繰り返していると
抱っこされても力を抜いてリラックスできるようになります



・・・・・・・・・

『外猫→保護猫→安寧の家猫へ』長々と連載してきましたが
細かすぎたかな?
家猫修行に悩む人の気持ちが少しでもラクになれば
と思って、書き溜めていたのをアップしてみました



外で生きている猫は
人が生ませているんです

餌やりさんだけの責任ではありません
猫好きの人も猫嫌いの人も、外猫も飼い猫も
・無責任な餌やりをしない
・避妊去勢手術をする
・終生飼養する
みんながこれらの共通の意識を持って暮らすことが必要です

猫は多頭飼育には向いていません
様々な理由で保護部屋(多頭飼育)に保護された猫たちが
ほんとうに過ごすべき場所は
里親さんのおうちです

猫との暮らしを模索している方
 外猫を保護して終生飼養していただけませんか
 保護猫の里親さんになっていただけませんか
 預かりボランティアをやってみませんか
お住まいの地域の
動物愛護センターや動物愛護団体に問い合わせをしてみてくださいね


ひとりずつ

一匹ずつ


それぞれの運命が
より良い方向へ変わることで
猫と共生するわたしたちの暮らし全体が変わっていきます




120410saya
捕獲器に入り保護された時のサヤ

うち猫サヤは、保護当時、まったく人慣れしていなくて
繊細で神経質で学習能力が高い上に、偏食少食でエサで釣ることができず
とても手強いタイプでした(現在も)
ゴハン催促やナデナデの反応に、わたしは今も一喜一憂しています
声をよく出すようになったのもここ1年くらいだし
とっても控えめな小さなゴロゴロ音に耳を澄まして
ほくそ笑む毎日です

サヤとの出会いエピソードはコチラ

タイガとサヤの相性が良いことは本当に幸いでした
160920taiga-saya
うち猫二匹に感謝です



『外猫→保護猫→安寧の家猫へ』
・その1~わたしにできるのだから、あなたにもできます~
・その2~里親さん宅まで短期間で~
・その3~猫の威嚇は怖くない~
・その4~ケージ生活を最短で終了するコツ~
・その5~ケージ生活終了の目安と室内フリー~



160919cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください





fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する