それぞれのペースで

サヤは預かり猫さんが来ても
自分からアプローチしないし
くっつくほど仲良くなれることが少なくて

これまでの経験から
相手が子猫だと性別問わず
オトナ猫として「しょうがないわねぇ・・・」みたいな
サヤの許容範囲になんとか入るみたい

なので
今年の後半からは預かり猫さんは
成猫ではなく生後4〜5か月くらいの猫に来てもらっている

そして
今は黒猫クウリがいるんだけど

161121-3saya



161121-2saya-kuuri

相手が子猫でも
サヤは受け入れるのにそれなりに時間はかかるけど
クウリともやっとこんな風になれて

161121-1saya-kuuri-taiga

仲は悪くなかったから
心配はしていなかったけど
こんな様子を見ると安心する



猫には猫の社会があって
サヤにはサヤの気持ちがあって
預かり猫さんが来るたびに
戸惑わせてしまっているだろうから
だから
161121-4saya
ありがとうサヤ



161029cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください


“ヤマゼン


fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう



スポンサーサイト
Category: 【サヤ】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する