クウリ添い寝猫に!?

161206-1kuuri
ねんねこクウリ

寝ている場所は
人間のベッドの足元で
右のふくらみはわたしの体

布団に入り、寝る前読書をしていたら
足元に重さを感じたので
体を起こして撮影した

クウリはベッドの上はよく乗っていて
ひとり寝していることもあったので

わたしが寝ている時も乗らないかしら?と思って
敷いたブランケットが
ねこホイホイの役目をした

161206-2kuuri
クウリが寄りかかっているのは
わたしの足で
モゾモゾ動かしてもクウリは平気なので

こりゃ、添い寝猫の素質あるよね!?

夜中に撮影しながら浮かれた気分になった

161206-3kuuri
ナデナデもできるよ

いままでずっとタイガに負けた気分だったけど
もしかして勝った!?
タイガよりわたし!?

161206-4kuuri
わたし < タイガ < ブランケット
だったりして・・・笑

タイガは添い寝しないから
クウリは自分で判断してここで寝たというのが
すごいと思うし

毎晩じゃないけど数回ここで寝た日があり
朝までここにいた日もあったから
わたしが寝返りうっても
動じないクウリに
成長を感じて嬉しいよ〜




161124cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

読了。嫌ミスというジャンルらしくて
読後に嫌な気分になるミステリー
ってどんなん?と読み始めた
この本については、ラスト前の章がこうくるならラストはこうなるよねってわたしはわかっちゃったんだけど
なるほど嫌な感じといえばそうだけど、わかってしまうわたしはひねくれ者なのかしら?と思ったり笑
秋吉理香子 暗黒女子 双葉文庫

今読んでる本
織守きょうや 記憶屋 角川ホラー文庫


fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう



スポンサーサイト
Theme: 里親募集 | Genre: ペット
Category: クウリ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する