猫は多頭飼育に向かない

先日、過去にTNRをした現場に行き
餌やりさんと猫たちが元気に過ごしているか
会いに行きました

すべての猫に会えなくても、餌やりさんと話ができれば
猫たちの近況もわかります

とある餌場では、十数頭の未手術の猫たちがおり
すべて不妊手術をしてから、丸3年半が過ぎました
毎年会いに行くたびに頭数が減っています

現在は4匹

頭数が減った理由は、家猫になれた2匹以外は
交通事故死2匹
突然姿を消したのが2匹
猫どうしの相性が悪くて移動したのは6匹
(この6匹も、2匹と4匹に分かれ別の餌場に)

1日に3回餌をもらえても、別の餌場へ移動するんですね


170119-1sotoneko

今残っている4匹は
ゴハン時間前はバラバラの位置で待っており
食べ終わるとその餌場からすぐにいなくなります
それぞれが見つけた寒さ暑さをしのぐ場所に帰っていくのです

家猫に比べれば
外猫のテリトリーはとても広いので、相性が悪くても
同じ餌場で食べることくらいできると思われがちですが
頭数が増えるほど猫社会もたいへんなんですね

親子であっても成長すれば
単体で過ごすようになりますから
外猫が2匹でいつもくっついている姿を見たとしたら
よほど相性の良い猫どうしなのでしょう

もし、外猫が複数で群れている現場を見かけたとしたら
餌時間が近いのでしょう
近いと言っても2~3時間前から待つこともふつうです

170119-2sotoneko


猫は
多頭飼育に向かない動物です


うちのタイガとサヤは
幸いなかよしの2匹なのでベッタリくっつく時もあるし
ひとりで過ごすこともあるし
朝、昼、晩、夜中、それぞれくつろぐ場所を移動し
その場所は季節によっても変わります
夜のわたしのナデナデ時間も彼らの生活パターンに組み込まれています

170119-3taiga-saya

うちは預かり猫さんが来るようになって
タイガとサヤのこれまで知らなかった性格を知りました
それはつまり
猫どうしには猫世界の関わり方があるってこと


例えば、人間の都合で同室に5匹の猫を入れれば
それなりになんとかやっていくでしょう
相性の良し悪しは必ずあるので
お互いの動きを常に気にしながらですから
繊細な性格の猫には負担がかかります


先住猫がいて
猫をもう1匹増やしたいと思う方は
おうちの広さ、家族の人数、人と猫の年齢、猫の性格
などを今一度見直して
しっかりと家族会議をしていただきたいな
と思います


170106cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください





fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう


アコーディオンカーテンを使った参考記事
↑こちらも参考にしてみてね

スポンサーサイト
Theme: 猫と暮らす | Genre: ペット
Category: 外猫TNR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する