耳カット

『耳カット』がどういう意味を持つ印なのか
知る人がだいぶ増えてきた気がします
でも
まだ知らない人も多いです
必要性という意味でもっと知られるといいなと思います

TNR
 外猫を捕獲(Trap)
 不妊・去勢手術(Neuter)
 元の場所に戻す(Return/Release)
の際に「手術済」の印として耳先をカットします

日本では獣医さんによってカットの形が違い
水平やV字、U字もあり
メスは左耳、オスは右耳という決まりも定着していません


外猫の不妊手術のための捕獲をしていると
「耳カットの有無」がとても重要になります

猫を見かけた時ってこんな感じですよね↓
170122-1cat
この状態で知りたいんです
「手術済みか?」を


餌やりさんが手術済みのいつものメンバーに餌をあげていて
メンバー以外の猫を近くで見かけた時もそうです
知りたいんです
「手術済みか?」を


もし、ミケやサビだったら
ほとんどメスですから
「手術済みか?」はそれこそ重要です

『増やさない』ためにTNRをしたのですから



上写真の猫に耳カットがありますね
背景が白くて見やすいです
170122-2cat
右耳にV字のカット

外猫は人間を近寄らせない警戒心の強い子も多いですから
近づかなくても
「手術済みか?」
判別できることが必要です

餌やり時間は夕方が多いのであたりが暗い場合もあるし
周りがゴチャゴチャして見にくかったりしますが
動いている猫の耳先を必死に見ます

背景がすっきりと見やすいとは限りません
170122-3cat
耳カットがありますよ

170122-4cat
左耳に水平のカット

過去には首輪や耳ピアスや入れ墨を印としていたそうですが
外れたり、見にくかったりで定着せず
いちばんわかりやすいのが
耳カットだったんですね

170122-7cat
このこはどうでしょう?





170122-8cat
右耳に水平のカット

捕獲は猫にも怖い思いをさせるので
手術済みの猫を再度捕獲することは避けたいのです

餌やりさんも捕獲を手伝うボラさんも
捕獲のために費やす時間と労力をできれば少なくしたいです
お腹切ったら手術済みだった・・・なんて
獣医さんも絶対避けたいことなんです

1匹の猫をTNRするために何人も人が関わっています

餌場の近くに住む人たちも
『増えない』ことを知り、安心します



「耳をカットするのはかわいそう」そんな風に思う人もいるようです
麻酔が効いている間に切りますから痛くありません

耳カットがある猫は
過酷な環境の外で生きていく猫です
寒い日も暑い日も雨でも雪でも
車がビュンビュン走る広い道路も渡ったり
危険がいっぱいです

そんな風に生きていく猫を
『増やさない』ための印です



170122-5cat
ミケはほとんどメスです
「手術済みか?」わかりますか?





170122-6cat
右耳にV字のカット(メスは左なんですけどね)

個人的にはV字が見やすいので
V字でメス=左、オス=右で
定着してくれればいいなぁと思います


耳カットがあっても
保護されて完全室内飼いの家猫になれた猫もいます
人との出会いで変わります

そういう出会いもどうか増えますように・・・




170106cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください

こっちに戻そうか思案中



fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう


脱走防止にアコーディオンカーテンを使った例
↑こちらも参考にしてみてね

スポンサーサイト
Theme: 動物愛護 | Genre: ペット
Category: 外猫TNR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する