高齢者とペット

今日はわたしの身近にいる犬の話です
現在ペットと暮らしていない人にもあてはまる話です
ちょっと長文ですけど読んでくださいね

離れた場所に住むわたしの両親は
犬を飼っています

先代の犬が老衰で亡くなり、しばらくして
再び犬を飼いたいと両親が言い出した時に
わたしは両親の年齢を考え、また、躾ができないことを知っていたので
子犬から飼うことに猛反対し
里親募集中の成犬を迎えることを勧めました

が、
わたしの意見は無視されました
ふだん親孝行していないと肝心な時に説得力がないのですね・・・


高齢の(超高齢です)父はペットショップへ行き
子犬を買いました
わたしに知らされたのは購入後半年過ぎてからです
その犬、ジローくんは今年6才になります




〜高齢者がペットを飼育することについて〜

保護猫の里親募集をする際に
高齢者のみで住んでいる場合はお断りしています
ただし、駆けつけられる近い距離に家族が住んでいて
その方が後見人として
譲渡誓約書に連名で署名していただける場合は
トライアルに進むことはあります

飼い犬や飼い猫は長生きするようになりましたから
終生飼養を誓っていただくには
飼育者の年齢が大事な条件になるのです


わたしの両親の
犬との接し方を見ていて思うのは

・注意力がない(人間の食べ物や薬の誤食の危険性大)
・欲しがるとなんでも食べさせてしまう
・犬の年齢に見合った運動量をこなせない
・ブラッシングなどマメなケアができない
・犬からのメッセージに気づけない

などなど
観察力、記憶力、筋力、反射神経の衰えにより
犬の世話に手が届いていない、だけでなく
誤食の場合は命にかかわるので
見ているとヒヤヒヤします

170309-1jiro
両親の家に行った時は一緒にお散歩します
名前を呼ぶと笑顔でカメラ目線をくれるジローくん


170309-2jiro
両親は抱っこをしないので
わたしの膝の上が大好きなジローくん
声をかけると必ずわたしを見てくれます



ジローの存在は
両親にとってかけがえのないものになっています
ジローの後見人は
子犬を飼うことを勧めた兄夫婦(遠距離住まいですが)です
兄夫婦が引き取れない事情が生じれば
もちろんわたしがジローを引き取ります



高齢者はペットを飼うな、と言うつもりはありませんし
一緒に暮らすなら
高齢者もペットも元気にのんびりと笑顔で過ごせることを望みます

その一方で
高齢者が入院した、施設に入った、亡くなったなどの理由で
飼育していた犬猫の行き場がなく
動物愛護センターに持ち込まれたり
動物愛護団体に相談がきたりというケースが増えています

誰でも年をとるのですから
誰にでも起こりうることです

だからこそ

これから高齢者がペットを飼う予定がある人
知人や親族や両親にそのような予定がある人は

高齢者の体力でも世話が行き届くような
ある程度年をとった成犬成猫で
性格や癖、しつけの状態がわかる(犬の場合は犬種も選ぶとよいでしょう)
里親募集中の保護犬猫から選ぶことをお勧めします
そして里親になる場合は
近隣に住んでいるご家族がお互いに合意の上で
後見人になってあげてください


170309-3jiro
ふわふわのベッドをプレゼントしたら
さっそく寝転がって喜んでくれた



〜ペットを売る店について〜

ちなみに
ジローが売られていた店は
バスが通る大通りに面したふつうの個人経営の店です

店舗ですから商品を売っているのですが

高齢者がペットショップを訪れ
ショーケースにいる子犬を買いたいと言い

躊躇せず売る店は

その子犬の飼育環境は?終生飼養できるのか?
全く関知していない店ということです

売れた後の商品(犬)について考えていないということは
仕入れる前のこと、つまり

子犬がどのような環境で生まれたか?
母犬の飼育環境は?
ということにも関知していないということです

そして
商品(動物)を店に卸す業者の中には
健康な生体を産むことを考えていない繁殖業者や
素人繁殖する人がいます
不衛生な飼育環境の中、過剰な出産回数を母犬に強いて
子犬をたくさん産ませます

量産するために動物を扱っているのですから
利益につながらない犬は用無しです

ジローを生んだ母犬、兄弟犬、同じ飼育環境にいた犬たちは
今頃どうなっているのでしょう・・・



これからペットを飼う予定のある人は
店頭に並ぶまでの流通の背景を知ってほしい
その商品(動物の命)を売るに値する店なのか
知ろうとしてほしい、と思います
そして
買う以外に
保護動物を家族の一員に迎えることを選択肢に加えてほしいです





170303cats
↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
里親会以外に保護ボラさん宅での面会が可能なのでお問い合わせください


「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正を求める署名
法が改正されることで、悪徳繁殖業者によるむやみな繁殖や
不適正飼養者による遺棄やネグレクトなどを防ぐことができると
殺処分頭数を減らすことにつながります
動物好きの人たちひとりひとりの気持ちを
伝えられるこの機会を逃さずぜひ!


fc2-dassou3
脱走防止対策をしよう


脱走防止にアコーディオンカーテンの使用例

まだ間に合う!外猫の不妊手術!←飼い猫もね

ふわふわベッド


 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する