猫の脱走が起こる時 〜脱走防止対策をしよう〜

今日は、猫が脱走するのはどんな場合だと思いますか?
というお話です

さて、猫が脱走するのはどんな場合でしょう?
玄関や窓を開けたから?
でも、完全室内飼いをしている飼い主さんは
猫が外に出ないように、ドアの開閉時はいつも気をつけていますよね
わたしもそうです

SNSのTLには毎日のように
脱走させてしまった飼い主さんの、猫の目撃情報を募る悲痛な投稿が流れてきます
つい先日見かけたのは
完全室内飼いだった高齢メス猫が脱走してしまい、行方を捜している
という投稿でした

飼い主の過失があったとしても
それは脱走後に振り返ってみてわかることです

「うちのこはだいじょうぶだと思った」
「あっというまだった」
「うっかりしていた」

脱走させてしまった後のショックは大きく
飼い主さんは猛省されます
必死に捜している飼い主さんを責める気持ちにはなれません




脱走防止対策をしましょう
と、飼い主や保護団体や猫ボラが推奨しているのは
誰の家でも起こりうることだからです

脱走という事故が起こるのに
猫の年齢や性別は 関係ありません
猫の人慣れ度も 関係ありません
人の飼育経験値も 関係ありません

家族として迎えたばかりの保護猫や
活発に動く小さな体格の子猫だけでなく
長く共に暮らしてきた成猫も老猫も
おっとりした性格や動きをするタイプの猫も
脱走(という事故)が起こっています

「うちのこはこういう性格で、こういう遊びが好きで、こういう寝方をして」
共に暮らしているとその猫のことが
手に取るようにわかるようになりますよね
以心伝心の仲になれたとしても
その猫は
人間とは違う異種の動物だということを
忘れないようにしましょう


脱走がおきているのは、網戸や玄関が一番多いです
顔が通れば体全体も通るので、5~10センチの隙間から猫は脱走することが可能です

猫は外に出たいわけではなく
隙間を見つけると、その向こう側に興味をそそられて
一歩を踏み出してしまうのです

脱走に気づいて、すぐに部屋に戻すことができたとしたら
それは運が良かったとしか言いようがありません

一枚のドア、一枚の窓の
向こう側に出てしまった完全室内飼いの猫にとって

屋外は別世界です

家の中で過ごしていたように
しっぽをあげてご機嫌で闊歩するのとはわけが違います

屋外では
常にビクビクして不安な精神状態のまま
身を隠す場所を探しながら
どんどん遠くへ離れていってしまいます

名前を呼んでも、そっち行っちゃダメと言われても
逃げたい時には逃げるという精神状態にしてしまうのが屋外であり
何かに怯えてパニックになった猫の行動は
人間が制御することはできません

外には、交通事故やケガや感染症などの危険だけでなく

猫が嫌いという理由でわざわざ捕獲して遠くへ棄てに行く人間や
快楽目的の虐待衝動を抑えられず捕獲する人間がいます
都会だとか田舎だとか関係なくこういう人間は存在します

完全室内飼いで脱走させないことが飼い猫を守る唯一の方法です

脱走防止対策をした上で
「脱走させない」を家族全員の共通意識として保てるようにしましょう




脱走させてしまった経験者や、猫を多頭数扱ってきた人たち(保護ボラや獣医など)が
後悔と反省と経験を元にして
「愛猫の命を守るために脱走防止対策をしましょう」と発信しています

わたしもみなさんの実例を参考にして、脱走防止対策を施しています
170405dasso1
出窓です
柵のある方の窓だけが開閉します

170405dasso2
掃きだし窓
うちはベランダに洗濯物を干さないので
この窓の開閉をほとんどしません

170405dasso3
この窓の脱走防止柵は最近改良しました

うちは、玄関と部屋の間に内ドアがあるので
内ドアはどんなに短い時間でも必ず閉めます
そして
内ドアのこっち側(キッチン、リビング、寝室)のみで猫たちは生活しており
向こう側の浴室とトイレと玄関は猫が立ち入ったことはありません

玄関と部屋の間にドアがない場合の参考に↓
脱走防止にアコーディオンカーテンの使用例




脱走防止対策を施してから、猫と暮らしてみて思うのは
ドアや窓の開閉時に柵が視界にあるので
猫の位置を意識することがあたりまえになり
飼い主の心情として
より安心して(気をぬくという意味ではなく)
ラクに過ごせますよ~






猫用脱走防止パーテーション


猫用脱走防止フェンス




自作する場合はこういうパネルと
  

伸縮つっぱり棒








結束バンドを使います


 

100円ショップにも材料として使えるものがありますよ

こういうのも使えますね
伸縮間仕切り


パネルドア



こういうお店もあるのですね→猫の脱走防止専門店




猫の脱走した場合の捜索手順
初動はスピード勝負!なので頭に入れておいてほしいです




fc2-kubiwa3

マイクロチップも入れよう

fc2-neuter
飼い猫も外猫も不妊手術を!



スポンサーサイト
Theme: 猫と暮らす | Genre: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する