動画「猫の相性の悪い例」

今日は動画も載せますよ〜
預かりボラや譲渡者として、里親さんのお家へ保護猫を送り出していると
先住猫さんがいる場合は相性がとても気になります

相性は、一緒に暮らしてみないとわからない部分が多く
他猫に常に友好的、性別によっては友好的、など
譲渡する猫の前もってわかっている傾向を元にトライアルへ進めます

譲渡先に先住猫さんがいる場合に
ずっと1匹飼いで過ごしてきた先住猫さんであれば
友好度がわからないので、試してみるしかありません

新たに迎えるのが子猫ならだいじょうぶと思われがちですが
小さい子猫がじゃれつくことをストレスに感じる猫さんはいます

猫は親子や兄弟など血縁関係があっても相性が悪くなることがあります
ですから、保護猫が1匹飼いに向いている場合もあるのです
里親募集ページにその旨を記して
1匹飼いを承諾していただいた里親さんとご縁があることで
やっと本当の幸せな毎日を過ごすことができます




先日、めでたく正式譲渡になったのんちゃん(仮名はチロでした)
うちで過ごしていた期間、うち猫タイガとサヤとくっつくことはなく
とくにタイガとの相性が悪かったです
そのことを詳細は記していませんでした

のんちゃん(チロ)の魅力とは関係ないことですからね

1匹飼いが向いていることを募集内容に掲げて里親募集をして
現在は、里親Tさんのおかげで
のんちゃん(チロ)は甘えん坊全開で幸せな家猫生活を送っています

じつは
のんちゃん(チロ)とタイガのケンカを動画撮影してありました
2匹のケンカは毎日で、1回2〜3分、多いときは1日に3回目撃しました
唸ったり叫んだりの声を聞くだけで、わたしでさえ毎度ハラハラドキドキします




今、どこかの保護部屋やシェルターにいる猫たちは
1匹飼いに向いている猫、相性悪いのに同室にいなければならない猫がたくさんいます
保護したら安心ではなく、里親さんのお家に家族として迎えてもらって
はじめて幸せな家猫になれるのです
どうか、みんなに、本当の家族との出会いがなるべく早く訪れますように

そんな願いをこめて

今だから公開できる動画です




音量上げられる方は上げて再生してみてね
低い声で唸っているのはのんちゃん(チロ)、高い声はタイガです


「猫の相性の悪い例」YouTube



これまでタイガ・サヤと相性悪かった預かり猫は
いちばん最強だったのがうすちゃん(他猫を誰も受けつけなかった)
次に激しかったのはマアム(サヤのことが嫌いで凄い剣幕で威嚇)
あとは、タイガと取っ組み合いの喧嘩になったオス猫は数匹います



171221-1saya-taiga
タイガとサヤは年齢のせいか、他猫を受け入れる許容範囲が以前より狭くなった気がします

今後は預かり猫はなるべく子猫に限りたいのが本音かな
子猫ならまとわりついてきても体格が小さいから負担が少ないし
成猫として本能的に受け入れられる余裕がまだあるようなのでね


171221-2don-taiga-saya
今一緒に過ごしているどんくんは、幸い2匹と仲良くしています
タイガのパンチを受けながら笑
はじめに比べるとどんくんも接し方を学んで習得したよね


171221-3don
どんくんは1匹飼いでもだいじょうぶだし
家族人数が多くても順応できると思います

don_b2
どんくんは里親募集中





fc2-neuter
飼い猫も外猫も不妊手術を!


fc2-dassou4
猫が脱走するのはどんな時?


猫の脱走した場合の捜索手順
 ↑初動はスピード勝負なので一度頭に入れておいてほしいです



大掃除にペットの毛取り


激落ちくんってなんでもあるんだな



スポンサーサイト
Category: 【タイガ】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する