FC2ブログ

近所のTNR

今日は、近所の野良猫の不妊手術のお手伝いをしたお話です

うちの近所は、猫の不妊手術の努力をしている餌やりさんが多く
ここ数年は子猫の姿を見かけることはありませんでした
昨年暮れあたりから、見知らぬ猫を見かけるようになり子猫も含まれることがわかりました
近所の餌やりさんも気にされていて
わたしもその猫たちがどこで餌をもらっているのかを探していました

あるお宅の住人に事情をお聞きしたら、やはり餌やりをしていました
子猫を連れていたママ猫を見て、餌やりを始めてしまったそうです



その餌やりさんのお宅は年明け早々に
明らかに猫が原因とわかる悪質な嫌がらせを受けていました
糞尿被害や餌催促の鳴き声で迷惑をかけられている腹いせとはいえ
驚きとともに、うーん…と唸ってしまうやり方でした・・・



ママ猫たちの餌やりさんには
餌皿を長時間置かないこと、敷地内にトイレを設置することをアドバイスするとともに
不妊手術の必要性を説明し、手術費用を出していただくとともに
捕獲のご協力の了承を得ました

ご近所のことなので、わたしも手術費用の一部をできる範囲でカンパします

この猫たちはまったく人慣れしていなくて
ママ猫以外に性別不明の成猫もいたので、まずはその2匹の捕獲(手術予約)日を決めました

人慣れしていなくて警戒心が強いと、1匹の捕獲に時間を要すると予想し
わたしの捕獲器と動物病院から借りた捕獲器で
うまくいけば2匹捕獲する心づもりで準備しました

餌やりさんが当日の捕獲時間に空腹状態にしてくれたので ←これ大事!
順調に性別不明の黒猫をまずは捕獲
だいぶ時間が過ぎてから現れたママ猫も
空腹に負けてすぐに捕獲器に入ってくれて、ホッとしました



以前このスタイルで搬送した時は、もう2度とやらないと思ったのに・・・

180126-1bicycle
自転車の荷台は捕獲器の長さと重さに耐えられるように補強してあります
後ろの飛び出した部分に反射バンドを巻いて
慎重にゆっくり漕いで動物病院へ向かいました


黒猫はオスだったので、去勢手術して右耳にV字カットを入れてもらいました

180126-2cat
新丸子ペットクリニックの院長が「この子はキツイねぇ!」と言うほど
警戒心が強くて、写真撮る隙も与えてくれないほど動いてしまう黒猫くん



ママ猫は、大雪の日をまたいで数日入院後に退院

180126-3cat
メスは左耳にV字カットです

こちらも院長の「この子はキツイねぇ!」の一言が出ました

180126-4cat
シャーシャーバシバシだけどお顔はかわいい

2匹は元の餌場所にリリースしました

【TNR】
外猫を捕獲(Trap)
不妊・去勢手術(Neuter)
元の場所に戻す(Return)

子猫たちも近いうちに不妊手術をします

糞尿被害は深刻な問題です
1月末には猫の発情期が始まり、猫は交尾をするとほぼ100%に近い確率で妊娠、4〜5匹仔猫を出産します
極寒、酷暑の中で生きる外猫が増えないように
「生まれてしまった」にならないように
fc2-neuter
飼い猫も外猫も不妊手術を!



fc2-dassou4
猫が脱走するのはどんな時?


猫の脱走した場合の捜索手順
 ↑初動はスピード勝負なので一度頭に入れておいてほしいです




適正飼養の家猫たちは幸せですね



スポンサーサイト
Category: 外猫TNR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する