FC2ブログ

観察と理解

うちに来た当初のジロウは情緒不安定で
わたしの姿が見えなくなると吠えていました
それと、猫を可愛がると嫉妬なのか?吠えていましたが
今は吠えることが少なくなりました

180504-02jiro

ヨークシャーテリアは声が大きいので、ペット可マンションだけど
夜間はちょっとハラハラするわ~

吠えるのは、猫に対してではなく
わたしへのメッセージなので
わたしが考えながら行動することが必要と心がけています

180504-01jiro
猫たちのくつろぎ場所、水飲み場、猫用トイレ(写真右奥)は
今のところジロウは立ち入り禁止にしています

猫たちはジロウのいる場所にも出入り自由です

ジロウは、わたしと猫たちの交流を観察しているし
気になるときはそばにきます
(その時、猫たちはまだ離れることが多い)
猫をかまったあとは、必ずジロウもナデナデしています
なので、ジロウは吠えずに待つことを覚えました

就寝前には
猫たちにネンネのなでなでとごっつんこをするので
ジロウは抱っこして、腕の中で語りかける時間を作っています

180504-3jiro.jpg
今はしないけど、この家具配置にして最初の2日間ほど
ジロウは、わたしの就寝に合わせてベッドに上がっていました
そばにいたい気持ちが強かったのだと思います

180504-4jiro.jpg
お散歩に行く前がいちばんうるさいジロウ
リードをつけるのも大変なくらい興奮します



犬も猫も、世話人の行動をつぶさに観察しながら過ごしていて
猫はどういう存在か、犬はどういう存在か、というのも
わたしの行動が判断材料のひとつになっているんですよね

犬は理解が早くて、さらに自分の行動を制御することができるのが
すごいなぁ






fc2-dassou4
猫が脱走するのはどんな時?


猫の脱走した場合の捜索手順
 ↑初動はスピード勝負なので一度頭に入れておいてほしいです

猫は野生動物ではありません
外で生まれる猫は、飼育される前提はなく
不妊手術を怠ったために生まれていることがほとんどです
猫のいかなる問題も里親探しのみでは解決しません
頭数を増やさないことが重要です
fc2-neuter
飼い猫も外猫も不妊手術を!





今読んでる本




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する