FC2ブログ

ひんやりグッズ改良とペットと防災ハンドブック

猫たちの使用頻度がイマイチだったひんやりグッズを
ジロウ(犬)が使う様子を見て
よかったなぁと思いつつ
場所をとりすぎるので解体しちゃいました

180618-1jiro
水色の部分がひんやりグッズ使用

座椅子の背部分をカバーできるサイズになるように
ひんやり布と別布を縫い合わせて
布端の処理をしただけです

この座椅子は背をマックスに倒して
今やジロウ専用で
ジロウには充分なサイズです
(猫も一緒に乗らないかな?というもくろみも)


180618-2jiro
人間用寝具にも使われているけど
触るとひんやりする仕様の布は
ジロウも気持ちよさそう


180618-3jiro
うまく使い分けしているジロウ


180618-4jiro
夏本番はこれから
間に合ってよかったよ



今朝、大阪で大きめの地震がありました
被害に遭われた方にお見舞い申しあげます

災害が起こると一日中ドキドキしているような
落ち着かない気分になります

最近読んだ本です
180618-5book
「どんな災害でもネコといっしょ ペットと防災ハンドブック」

いつどこで災害に遭うかはわからないです
ペットを守るにも事前に準備をしておいたほうがいいに決まっています
それができるのは飼い主だけですね


熊本地震を体験した動物病院の院長が書かれた本です



大阪の地震で飼い猫の脱走相次ぐ キャリコネニュース 2018.6/18
〝ツイッターには「網戸を破って猫が2匹脱走しました」「地震で猫がいなくなりました」といった書き込みが多数寄せられた〟

fc2-dassou4
猫が脱走するのはどんな時?


猫の脱走した場合の捜索手順
 ↑初動はスピード勝負なので一度頭に入れておいてほしいです

fc2-kubiwa3

マイクロチップも入れよう

犬には鑑札と注射済札と名札とマイクロチップね

被災地では未手術の犬猫を放浪させてしまうことが
頭数増加という二次被害につながります
里親探しのみでは解決しません
fc2-neuter2
飼い猫も外猫も不妊手術を!

もちろん飼い犬もね




非常持ち出し袋に
たためるフードボウル




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する