FC2ブログ

本気咬み ~その後~

ご訪問いただきありがとうございます
今日はジロウ(犬)の登場です

+:。.。:+*+:。.。:+*+:。.。:+

外で生まれる猫は、飼育される前提はなく
不妊手術を怠ったために生まれてしまっています
猫のいかなる問題も里親探しのみでは解決しません
地元の猫に目を向けてみませんか?
fc2-neuter5” border=
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-kubiwa5” border=

マイクロチップも入れよう

犬には鑑札と注射済札と名札とマイクロチップを!

fc2-satooya-b

+:。.。:+*+:。.。:+*+:。.。:+

ジロウの本気咬みの解決に向けての記事
ジロウの「ガウッ!」「ガブッ」が静まり、穏やかな表情になるまで
(大声で叱りつけるわけではなく)「コラ」と言い続ける
と書きました
その投稿してから2日後に
〝間違っている〟と気づいたので
「コラ」を使うのをやめました

ジロウは自衛のために「ガウッ!」と吠えて同時に「ガブッ」と咬みます
わたしに咬みついてはいけないと理解しているのに
睡眠中の無意識(自らわたしとの添い寝を選んだことを忘れている)の中で
自分を守るための行動を起こしています
それを「コラ」と低い声でたしなめるのは間違っていました…反省

なので
本気咬みが起きてしまった時は
ジロウが歯を剝きだすのをやめるまで共にベッド上にいて
ジロウと目線を合わせながら、わたしは無言で待ち
穏やかな表情になったら
ベッドから降りる指示「オリテ」を言い続けることにしました

コマンドを言うまでの時間と、コマンドに従いベッドを降りるまでの時間も
長くかかっていたのが
日ごとに短くなってきました

他には
・わたしとの添い寝を目的にベッドに上がった時は
 即座に降りるコマンドを言う(寝入った後の添い寝は気づかないけど)
・コマンドの「降りて」(その場から降りる)と「ケージ」(ケージに入る)を
 遊び時間にご褒美オヤツをもらいながら楽しく復習する
・ジロウがケージや座椅子でくつろいでいる時は通りすがりにでもナデナデする
・ヒト用ベッドでくつろいでいる時は撫でない
・わたしの活動中に、短時間でも座椅子に座ってジロウとくっつく時間を作る
このようなことを心がけています

ケージは、ジロウ専用のベッドとオモチャを置き
食事の場所もケージです

190107-3jiro
ベッドでくつろぐジロウ
食事の時はベッドやブランケットをケージから出します

190107-4jiro
座椅子でくつろぐジロウ

190107-1jiro-taiga
座椅子に座りジロウとスキンシップをとる時間を作ります

タイガ(猫)はほんとはお腹に来たいけど
足元でガマンしてくれています

190107-2jiro
ジロウもこの時間を楽しみにするようになりました





夜中に「ガウッ!」と吠えて歯を剥き出してしまうことは
まだあるけれど
歯が当たることが減りました
そして、わたしが体を起こして目を合わせる前に
そそくさと自分からベッドから降りるようになりました

「いけね、やっちまった」って感じでしょうか?

「ガウッ!」と歯を剥き出してしまったことを反省するよりも
そのような自衛手段をとらなければならない意識が消失することが
ジロウにとって幸せなことなんです・・・

「家族(ヒト)と添い寝したい」というジロウの気持ちが
そのまま持続して
穏やかな睡眠時間を過ごせますように

この願いはいつか叶うのでしょうか・・・










関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する