FC2ブログ

拾い食い防止

お立ち寄りいただきまして、ありがとうございます
今日はジロウ(犬)の散歩時の拾い食いについて、です

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

高齢の飼い主が倒れたなどの理由によるペットの飼育放棄が増えています
離れた地域に暮らしている家族や高齢のご両親が
ペットと暮らしているか・野良猫の餌やりをしているか
などを家族間で把握していますか?
手術を怠ったため頭数増加という最悪の事態にならないように
fc2-neuter4” border=
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-kubiwa-p

マイクロチップも入れよう

犬には鑑札と注射済札と名札とマイクロチップを!

fc2-satooya-p

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

ジロウ(犬)は散歩が大好きです
クン活できることも
ジロウにとっては楽しみなようです

190602-3jiro

以前に「拾い食いは怖い」の記事を載せました
先月、犬の飼い主に向けた(犬の行動理論を学ぶ)講習会に参加しました
ジロウと暮らし始めてから3回目の講習会です

講習の内容をブログ掲載することはできないので
詳しいことは書けませんが

拾い食い防止するためには、飼い主の歩き方を変えることが大切
と学びました
簡単に言えば「タッタカ歩く」
注意すべき点は他にもあって、実際にそのやり方でジロウと散歩してみると
拾い食いを防止することができました

190602-02jiro

飼い主にありがちな「叱る」という負の強化による犬への影響や
犬の行動理論を正しく理解した飼い主がとる行動が
犬にとって正の強化になる、と知れば

ボタンひとつの掛け違いが
大きな間違い=被る必要のないストレス
になっていた、と気づくことができます

気づかないと、いつまでも負の強化が続き
飼い主と犬との相互理解の溝も深いまま

できれば、犬が心底安心して楽しく
そして、飼い主も笑顔で暮らせる方がいいに決まっています

190602-1jiro

ジロウの大好きな散歩が、拾い食いという危険の防止をしながら
クン活の楽しみもある内容になるように
飼い主としてさらに試行錯誤してみます






今読んでる本
(犬とまったく関係ないです)







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する