FC2ブログ

最後のお世話(備忘録)

たくさんのブログの中から見つけていただきまして
ありがとうございます
タイガを看取るまでの期間のお世話について
簡単に記しておきます

*+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*

「猫は完全室内飼いで」
「飼い猫を外に出すのは時代遅れ」
という認識が広まってきています
適正飼養の約束がなく生まれてしまわないように
fc2-neuter-pur
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-dassou-b
猫が脱走するのはどんな時


猫が脱走した場合の捜索手順
 ↑初動はスピード勝負なので頭に入れておいてほしいです

fc2-satooyabosyu

*+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*

前記事でお伝えしたように
タイガがわたしの腕の中で息を引き取りました

タイガの最後のお世話の期間に
はじめて経験したことや心がけたことを
記しておきます
・通院
・フードの工夫
・さらに心地よく
・“おいしそう”を探す
・生きる喜び
・紙オムツ
・後悔



・通院

猫(犬もうさぎもあらゆる愛護動物)は
信頼できるかかりつけの動物病院を受診してアドバイスに従い
痛みや苦しみがないように過ごさせてあげたいですね
猫の病気の治療や薬の研究は日々進み
変わっていっています

少しでもタイガの様子に異常を感じたら動物病院に受診し
投薬や皮下点滴を毎日続けました

191221-1205taigasaya
皮下点滴はずっとうちでやっていました
この出窓は点滴の定位置でした
写真奥はサヤです

191221-1126taiga
皮下点滴の準備をして呼ぶと
タイガは自ら出窓に乗ってくれましたが
動きたくなさそうな日はその場で点滴しました





・フードの工夫

タイガにはずっと慢性腎不全の療法食をあげていて
飽きると口をつけないので、別メーカーのを常に用意していました
ウェットフードは療法食に飽きた時は老猫用をあげていました

タイガが療法食を拒否するようになり
新しく販売された腎不全の早期用のフードにしたり
ドライフードは、ふやかしたのちブレンダーでペースト状にしたり
ウェットフードも、ブレンダーにかけてトロトロ状態にしてみたり
タイガが食べやすくなるように工夫しました

ヒルズの慢性不全早期用フード




料理用ブレンダーが役立ちました
うちのはもっと古いタイプです






・さらに心地よく

今までは行かないような場所でくつろいだり
場所を変える頻度が増えました
タイガ自身で少しでもラクに過ごせる場所を探していたのでしょう

191221-1128taiga
いつも開けっ放しのキャリーケース
今までは入ることは滅多になかったのに
ここでくつろぐこともありました

191221-1128taiga2

高い場所に置いていたベッドに行けなくなってからは
床に置いて
選択肢が増えるようにしました





・“おいしそう”を探す

療法食にこだわらず
タイガが「おいしそう」と反応するウェットフードを探し
食べてくれても数回で口をつけなくなると
別のフードを探しました

それまではオヤツも老猫用を選んでいて
ちゅーるも11歳以上用のをあげていました
こだわらずにいろんなちゅーる(種類多い!)を試して
それでも、タイガの反応がなくなっていきました

ちゅーるは、たいていの猫が食いつきがいいので
すごく落胆しました・・・
タイガが自力で食べたいと思うフードはもうないのか・・・

でも、あきらめずに
売り場に並んでいるいろんなフードを買って試したところ
ほたて風味のウェットフードに
タイガは自分から口をつけました



ほたて風味の匂いは“おいしそう”に感じたようです
ちゅーるもほたて風味の反応がよかったです

191221-1209-2taiga

スープ仕立てのパウチを
とろとろ状態になるまでブレンダーにかけたのを
舐めてくれました
うれしかった!





・生きる喜び

猫の生きている喜びは
高低差があり探索しがいのある安全なおうち
快適なくつろぎ場所
飼い主との交流や温もり
フードやオヤツの匂い

ヒトには他にも仕事のやりがいや趣味などの楽しみがあるけれど
猫にとってのフードやオヤツ=“おいしそう”は
生きる喜びでもあり
大切な本能です

猫のおいしそうは“匂い”で判断され
ヒトの何十倍の嗅覚を持つ猫にとって
特に体調が悪い猫にとって
とても微妙な差で判断されるのではないでしょうか

強制給餌もしましたが
それも次のゴハン時間には
“おいしそう”の本能が残っているように
そのための給餌でした

“おいしそう”なフードを見つけてあげること
猫の本能としての喜びを見つけてあげること
それに関しては
最後の最後まで諦めずにがんばったつもりです






・紙オムツ

トイレ以外の場所で粗相をするにようになり
それは拭いたり洗濯したりすればいいのだけど
ベッドや布マットに粗相して
そのままそこでくつろぐようになりました
濡れた場所に居続けるので、タイガの体がシッコまみれになります

191221-1207taiga
ジロウ用ケージの上のせいか
ここに乗ることは今までほとんどなかったのに
ブランケット置き場に乗るようになったタイガ

ここは、わたしがいちばんいる時間多いテーブルの
真後ろです
そばにいてくれて、それはそれでうれしかった

191221-1209-1taiga
ふだん猫用寝具に使っている布に変えて
タイガがいやすいように高さを低くしました

紙オムツをすれば吸収されて広がらず
シッコまみれになることは防げます
なるべくこまめに取り替えました



2Sサイズだけど
足回りは余るので
つまんでたたんでセロテープで止めると
よいあんばいでした





・後悔

もっと早く、療法食へのこだわりを捨て
ジャンクな猫用フードでもいいから
いろいろ食べさせればよかった・・・
そのことを後悔しています





191221-1127taiga
先月27日撮影










写真素材 PIXTA






関連記事
スポンサーサイト



Category: 【タイガ】

コメント

No title

ああ、タイガくん...
ごめんなさい。インスタの投稿でやっと気づきました。

腎不全を患いながらも長生きしましたね。
ともさんらしくきめ細やかなお世話で本当に穏やかな最期を迎えることができたのは何よりのご褒美だったと思います。

タイガくんはともさんの家族になれてよかったと思っているでしょうね。
どうか安らかに。

2019/12/22 (Sun) 23:00 | Feyfey #- | URL | 編集
No title

サヤちゃんはどうしていますか?
心配です。

2019/12/22 (Sun) 23:02 | Feyfey #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

Feyfeyさん

慢性腎不全の診断が出ると、長生きはできないなとは覚悟はしましたけど
その後に猫用の薬が開発されたり、療法食も変わりました。
ステージ3から4になっていったタイガには、期待するほどの効果は出ないかもしれないけれど、
試したことはよかったなぁと思っています。
長生きできた方だと思いますし、
苦しまずに穏やかに逝けたことも、それがわたしの腕の中だったことも、
タイガには感謝しています。
超臆病なことも含めて、ほんとに魅力的でかわいい猫でした。

2019/12/24 (Tue) 08:49 | とも #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

Feyfeyさん

ご心配ありがとうございます。
サヤはいつもどおりに過ごしています。
食欲もあるし、元気にしています。
タイガとくっついて時間がなくなったので、
わたしのナデナデ時間は楽しみにしてくれているような気がします。

2019/12/24 (Tue) 08:56 | とも #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する