FC2ブログ

もしもに備える ~ペットのお世話~

ご訪問いただきましてありがとうございます
今日は、もしもの時にペットのお世話を頼む場合と
代わりにお世話をする場合
について書きます
サヤ(猫)とジロウ(犬)の興味深い写真も載せますね

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

窓を開けて換気する場合は
脱走防止対策を万全にして
ペットの脱走に気をつけましょう
fc2-dassou5
脱走防止対策をしよう


fc2-kubiwa-o

fc2-neuter3
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-satooya-o

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

埼玉県は新型コロナウィルス陽性の軽症者を 自宅待機ではなく ホテル待機にする方針を発表しました
埼玉新聞 2020.4.25.

わたしの居住地域の対応を
行政のホームページで確認したら

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
これらの症状が出た場合の
相談センターの連絡先が案内されていました
そして
重症化しやすい方(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦)は
この状態が2日程度続く場合に相談
となっています
2020.4.28現在






自分がもし感染したら
自宅待機で乗りきりたいと思っていました
が、
重症化への急変が
いつ起こるのか予想のしようがなく
入院やホテル待機を
余儀なく選択する場合がありそうです

●ペットの世話を頼む場合
●新型コロナウィルス感染者のペットの世話をする場合
 飼い主の部屋に通う場合
 ペットを預かる場合

200428-3jiro

●ペットの世話を頼む場合

うちでは
ペットシッターとの打ち合わせを
昨年夏に済ませています

遠方に住む後期高齢者の両親は
ここ数年、入退院を繰り返していて
その都度、日帰り往復でなんとか対応しています
(外出自粛要請発出以降は出向いていません)
デイケアなどの地域の福祉制度を利用し
ケアマネージャーやヘルパーの援助で
なんとかなっています
ありがたいことです

そして
ジロウ(犬)をうちで引き取り
トリミングサロンを選ぶ際
シッター業もしていることが決め手でした

泊まりで対応する場合に備えて
昨年夏、ペットシッターに下見に来てもらい
打ち合わせをしました
(下見の頃タイガがまだ元気だったニャ…)
急に泊まり案件が発生しても
鍵を預ければ
シッターさんが通ってお世話してくれます

飼い主が入院などで
ペットの世話をできない場合にも
頼むことはできます

ただ
飼い主が新型コロナウイルスに感染した場合には
(他の感染しやすい病気でも)
お店によって対応が違いますから
確認が必要です





●新型コロナウイルス感染者のペットの世話をする場合

新型コロナウイルス感染で
入院となった飼育者に代わり
ペットのお世話をすることになったら

飼い主の部屋に通う場合

お世話に通うとなると
外出頻度が増えるので
徒歩で行けるくらいの
極めて近い(公共交通機関を利用しない)距離で
ヒトとの接触無しで通える場合に限った方がよさそうです
また、室内に入ってから
お世話をして、退出するまで
感染防止のために
注意が必要です
(下記リンク先を参考)

200428-2saya

ペットを預かる場合

飼い主宅での入室から退室まで
感染防止のために注意が必要です
また、ペットを連れて帰ったら
ペット用シャンプーで洗うか
ペット用体拭きシートで全身を拭くことが必要ですが
アルコール使用の除菌シートでペットの体を拭くことは厳禁です

使用したマスクや手袋の処理や
使用したキャリーの消毒の方法など
下記サイトに目を通して参考にしてください

参考pdfファイル:
新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと 東京都獣医師会 2020.4.24

参考webサイト:
新型コロナウイルスに関してのQ&A 東京都獣医師会






ウイルスが皮膚に付着しただけでは感染はしません
「目鼻口を触らない」は
汚染されやすい指先に付着したウイルスを
体内に取り込まない(粘膜に付着させない)

ソーシャルディスタンス(間隔をあける)は
飛沫を浴びない、吸わない

体内に取り込むウイルス量をできる限り少なく!
ということなんですね

感染者の部屋に
浮遊して残存している飛沫核や
家具などに付着したウイルスの存在を常に意識して
予防としてできることを徹底
しましょう

素人では気づかない方法やコツがあるので
上記のpdfファイル
ぜひ目を通しておくことをおすすめします







前記事で
市の新型コロナウィルス感染相談センターを
スマホに新しく登録したと書きました
受診する医療機関を案内してもらうのは
区の帰国者・接触者相談センター
のようなのでさらにスマホに登録しました
もしもに備える 〜病気〜

お住いの地域の対応方法を
行政機関のホームページで確認した方がいいですね






200428-1sayajiro

サヤ(猫)はときどき
ジロウ(犬)をじっと見つめることがあります
興味はあって当然とも言えるし
観察しているのでしょうし
じゃあ、くっつきたいか?は
よくわかりません
ジロウはといえば
視線を合わせることさえ避けています 苦笑







シッターさんには
ジロウ(犬)の散歩も含め
スキンシップ時間を
優先して多くとって欲しいので
自動給餌器を使います
慣れてもらうために現在も
1日1回タイマーセットした自動給餌器から食べています
シッターさんに頼む時は、タイマーセットを1日3回にします

自動給餌器からフードが出てくるのを待つジロウの様子
待つ





tc135-76
ティクラフト


minneはコチラ

写真素材 PIXTA






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する