FC2ブログ

本気噛みのその後

たくさんのブログの中から見つけていただきまして
ありがとうございます
まだ5月なのに冷房の出番となっています
かと思うと、夜間は気温が下がり
自分の感覚が頼りにならないので
温度計の数字が頼りです
どうぶつが同居していると尚更ですね
今日は、ジロウ(犬)の本気噛みについて記します

*+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*

窓を開けて換気する場合は
脱走防止対策を万全にして
ペットの脱走に気をつけましょう
fc2-dassou-b
脱走防止対策をしよう


fc2-kubiwa-pur

マイクロチップも入れよう

犬には鑑札と注射済札と名札とマイクロチップを!

fc2-neuter-pur
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-satooyabosyu

*+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*

前回、ジロウの本気噛みを記事にしてから
もうすぐ1年がたちます
まだ、ある

スキンシップが少なく
膝の上や抱っこや添い寝を知らずに
6才になったジロウでした
その後、うちでの暮らしに慣れてきました

200514-2jiro

膝に乗せても落ち着きなく
ぎこちなさがありました
今は、寝場所のひとつとして
あたりまえのようにわたしの膝を選び
いびきをかいて寝ちゃうこともあります

抱っこすると体がこわばっていました
散歩前に抱っこして玄関まで移動する習慣にしたら
飛びついてくるようになり
抱っこの高い位置にも慣れました

体をくっつける安心感に気づき
わたしが就寝すると
ベッドに飛び乗り
添い寝するようになりました

200514-3jiro
(眠そうな膝乗りジロウ)

本気噛みが起こるのは
ベッドでわたしと添い寝している時です

ジロウが眠りに入ってから
わたしの体が動いたりして
ジロウに触れると

「ガウガウ!」と吠え
牙をガッと当てます
吠え方も噛み方も激しいです

ジロウも眠りに入っていて
体に受けた感触に
瞬間的に行動を起こしています

噛まれると
「イタッ!」と声が出るくらい
結構な痛さで
傷にもなります

今、腕と足にまだ治っていない傷があり
昨夜、背中に新しく傷ができました






ジロウに噛まれることを少なくするために
1年前に添い寝しないことを決めて
「オリテ」を覚えてもらいました

ジロウは今も
「オリテ」と言われればベッドから降ります
ガウガウ!と噛んだ後すぐに
自らベッドから降りることもあります

でも、わたしが寝入ってしまえば
またベッドに上がってきます







200514-4jiro

ジロウがわたしとくっつきたい気持ちは
飼い主として
大切にしてあげたい尊いもので
それを拒否する理由はありません

添い寝に限らず
犬用ベッドやソファで寝ている犬に
飼い主が触れると吠える・噛む
という行動は
わりとよくあることだそうです

200514-1jiro
ベッドで添い寝するジロウ

6才でわたしと暮らすことになり
スキンシップが増え
甘えることを覚えて
堰を切ったように
甘えたい気持ちを
行動で現すようになったジロウ

彼の日々の変化をヒシヒシ感じています

自我の現れが強くなったことも感じるけれど
就寝中の本気噛み以外は
日常生活で楽しめる範囲内の
かわいいわがまま、という感じです



ジロウとの関係性の変化に伴い
就寝中の本気噛みが減っていくかも
という期待があったけど
今のところ手応えは感じられません
ジロウは今年の誕生日には8才になります













tc135-76
ティクラフト

小さめサイズの布マスクを出品しました
minneはコチラ

写真素材 PIXTA






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する