FC2ブログ

添い寝(=緊張)

ご訪問いただきましてありがとうございます
どしゃぶりの雨だと
ジロウの散歩は無しです
期待を込めて
こちらを凝視するジロウに
「雨のため散歩中止」と告げる一言は
「あ・め」です
最近はこれを聞くと
目をそらして、あきらめ顔になります
今日はそんなジロウの添い寝のお話です

+:。.。:+*+:。.。:+*+:。.。:+

高齢の飼い主が倒れたなどの理由によるペットの飼育放棄が増えています
離れた地域に暮らしている家族や高齢のご両親が
ペットと暮らしているか・野良猫の餌やりをしているか
などを家族間で把握していますか?
手術を怠ったため頭数増加という最悪の事態にならないように
fc2-neuter5” border=
飼い猫も外猫も不妊手術を

もちろん飼い犬もね

fc2-kubiwa5” border=

マイクロチップも入れよう

犬には鑑札と注射済札と名札とマイクロチップを!

fc2-satooya-b

+:。.。:+*+:。.。:+*+:。.。:+

200628-1jiro
ヒト用ベッドで
添い寝するジロウです

わたしは寝つく時に
胎児型に丸まるので
わたしの手は
ジロウから離れます

噛まれるのは背中とか腿でしょう

このボジションなら
まだ安心というか
もろに歯があたっても
布団が盾となり
あまり痛くなさそうです

なんの話かというと
理由は↓コチラの記事にて
本気噛みのその後





もっと緊張高まるポジションがあって

200628-2jiro
こうなる時

枕元に寄り添います
だいたい最初はここにきて
わたしの肩あたりに
ジロウは自分の背中やお尻をピッタリつけます
(しばらくしてわたしの背中や足の方に移動することもあります)

とってもうれしいです
温もりを感じてさらにうれしいし
かわいいなぁって思います

でも
ジロウが眠りに入ると
わたしがちょっとでも動いた瞬間
「ガウッ」となり
噛みつかれます

顔や首など
剥き出しのところを噛まれたくない
なので掛け布団を引き上げて
ジロウとの間に布団という盾を仕込みます

そんなことしたくないけど
どうしても
緊張感がぬぐえません・・・

わたしがケガしないようにするのは大事なことです







200628-3jiro

「ガウッ」は
毎晩必ず数回あります
「ガウッ」の後
ジロウは自らベッドを降ります

けなげ・・・




ジロウの添い寝は
うれしさと
緊張と
痛みと
愛しさと
毎晩複雑な心境にさせてくれるのでした










今読んでる本


tc135-76
ティクラフト


tc200*200
minneはコチラ


写真素材 PIXTA








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する