チビトラの幸せを想う

130412chibi4
これまでもずっと書いてきたことだけど
チビトラは超臆病で
こんなに長期間「シャー」言ってパンチ出す子ははじめて

でもね、それは環境のせいもあると思う
繊細なサヤとずっと一緒に居ること

サヤも最初はケージ内で過ごし触れるようになってから
室内フリーになったのだけど
今はチビトラとくっついて逃げずにいる時しか触れない家庭内ノラ状態
(この状態になったサヤのことはまた後日書こうと思う)

つまり
サヤはチビトラにくっついていても
わたしが近づくとサッと逃げることが多く

そのサヤの俊敏な動きに
臆病なチビトラは反応して必ずシャー!を言う

伝わるかな?この空気

130412chibi1

人に触られるのがあまり好きじゃない猫はいるわけで
しかもまだ人と暮らすことに慣れない状態で
そういう猫たちが同居すると
意気投合してくっついちゃうのね

サヤは猫には友好的でくっつきたがる性格なので
チビトラがいよいよケージから出て室内フリー生活になった当初
サヤがさっそく寄っていったのに
そんなサヤでさえ警戒して
あわててケージに戻っていた臆病なチビトラ

そのうち
「人に触られるよりあたしたちで一緒にいたほうが心地良いわよね」
とサヤが言ったかのように
二匹はくっつくようになった

わたしが「二頭宣言」したのが昨年12月下旬
それまで他の猫がうちに滞在してワイワイした空気が消え
冬の寒さと共にサヤとチビトラは団子になって暖をとり

わたしが近づくと「触らないでよ」ビームを発するサヤと
触発されて「シャー!」言うチビトラ

そうしてパンチも出しつつ
体を硬直させてナデナデされていたチビトラが

今は撫でられているときは
頭からお尻まで触らせてくれて
体もやわらかくリラックスするようになり
夜のナデナデ時間には猫ベッドで待機するようになった

今も毎日少しずつチビトラの変化は見られるし
チビトラがリラックスしてモリモリ食べて毛もつやつやになって
お気に入りのオモチャでひとり遊びしたり
イビキかいて寝ていたり

スリゴロじゃなくてもとってもとっても可愛い存在
チビトラ最高!




でも
わたしはいつかあなたを卒業させたい
ずうずうしい希望を言えば
スリゴロのメス猫さんがいるおうちの子になれたらいいのに
人に甘える姿を見せてくれる猫さんと暮らせたら
チビトラは「一緒に暮らす人間」に対する見方が変わるんじゃないかなぁ

130412chibi3
↓↓↓内容を書き加えたので読んでみてください

チビトラはいつでも里親募集中(動画あり)

↑↑↑今後も編集するかもだけど

チビトラみたいに臆病で人慣れしないままケージ内で過ごしている保護猫がたくさん待っている
そしてわたしは二頭までしか暮らせない

とりあえず本日はこれまで

130402cats-s
↑クリック↑里親募集中の猫の詳細ページ載っています
4/20(土)Smile Catさん主催 ねこの譲渡会 目黒区後援が開かれます
たくさんの里親募集中の猫たちが待っています
ねこひと会さんでは里親募集の他に「一時預かり」等のサポーターを募集しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する